FC2ブログ

2010.04.24 (Sat)

復活! Georgia On My Mind



模範演奏+カラオケCD付 アルトサックス デヴィッドサンボーン名演集  松田靖弘 演奏・編曲模範演奏+カラオケCD付 アルトサックス デヴィッドサンボーン名演集 松田靖弘 演奏・編曲
(2005/10/11)
松田 靖弘

商品詳細を見る



 おはようございます。
 Sakeyです。

 音楽投稿&コミュニティの Music Track、SakeyもID登録はしていましたが、たまに他のユーザの作品を聴いている程度でした。
 コピー曲も投稿できるのですが、本日見ていましたら、YAMAHAのMIDIデータ使用の曲もアップできるようになりました。

 自分で何でも作ればいいのでしょうが、面倒なので、SakeyはYAMAHAのMIDIデータのヘビーユーザーです。
 これは、良いお知らせです。

 このブログのサンプル曲は、著作権の関係で、無理して Band in a Box でバッキングを作って、似たようなフレーズを吹いているのですが、これからはそのまま Music Track にアップしようかな、なんて考えています。

 とりあえず、さっそく、昨年末に閉鎖された My Sound にアップしていた2曲中の1曲、David Sanbornさんの"Georgia On My Mind"を、そのまんまアップしてみました。

 旧音源のVL70-mを使っていまして、"Tenor Sax!"という音色です。

 楽譜 は、画像の松田さん編集の曲集にあります。
 生バンドのカラオケCD も付いていまして、こっちの方がMIDIよりずっと良くて、普段はこれに合わせて練習しているのですが、これも著作権の関係で、投稿用にはMIDIデータを使っています。
 
 初心者の演奏したものではございますが、もしよろしければ、お笑いのネタに聴いてみてください。

Georgia On My Mind : Sakey演奏 : Music Track へ


    
スポンサーサイト



テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス FUSION MusicTrack

07:22  |  Music Track  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.17 (Sat)

New 開放型ヘッドホン オーテク AD1000


AD1000


 おはようございます!
 知り合いのピアノの先生に伴奏をしてもらえることになり、16曲楽譜を渡して、来週の初練習にむけて特訓モードに入っているSakeyです。

 画像は、Sakeyの新しいヘッドホン、オーディオテクニカの ATH-AD1000
 開放型です。

 以前、検討中の記事を書きましたが(これです)、その後 「サウンド&レコーディング・マガジン」 のヘッドホン特集などを参考にして決めました。
 しかし、買うとなると、やっぱりいろいろと悩みますね。

 悩みつつ、決めたポイントとしては、

・あくまでも、ウィンドシンセ練習用。ミックスとか観賞用は、また後で検討。

・周りの状況によって、現在の密閉型 オーディオテクニカ ATH-A900 と、使い分け。
 依然としてウィンドシンセの音づくりに悪戦苦闘中のSakey としては、そのたびに聞こえ方が違っていたのでは困ります。なので、似たキャラクターのはずの、同じメーカー製品。

・Sakeyは、ヘッドホンは寿命が短いと思っているので、あまり高価なのは買わない。

 では、使ってみた感想を書きます。
 約3週間経ちました。

・ウィンドシンセの音ですが、気に入っている音色はさらにキモチ良く、不満抱えつつ使っている音色はさらにストレス貯まります。
 つまり、性能がA900より、良いんじゃないかしら?

・ウィンドシンセ音にかけている、リバーブやディレイが、聴き取りやすくなりました。

・これでミックスをしてみたところ、Sakeyのスピーカー環境(モニタースピーカーHS50M、オーディオコンポ、カーコンポ)で再生すると、ウィンドシンセ音、特に高音が弱すぎました。
 つまり、このヘッドホン、高音が出過ぎじゃないでしょうか?
 現状では、ミックスは、A900ですることにしました。

・空気感とか、広がりといったことについては、カラオケに合わせてウィンドシンセを吹いている分には、ちょっと遠くから聞こえてくるかな、といった程度です。
 試しに、ちゃんとした音楽のCDを聴きますと、曲によって、「なるほど、これが開放型か!」という感じ方が違いました。

・装着感は、軽くて、肌触りも良いです。ただし、A900のように耳をすっぽりと覆って圧迫する安定感がないので、最初違和感がありましたが、もう慣れました。
 これも、開放的ということなんでしょうね?
 ずれたりするわけではないので、良いと思います。

 
 頭に当たるヘッドパッドの部分、Sakeyは肌が弱くて湿疹が出来やすいので、ダイソーからニットのシマシマ・テーブル脚カバーを買ってきてかぶせ、週に一度洗濯をしています。
 もちょっと、品の良いデザインのに代えたいところです。

 では、また、ウィンドシンセの特訓に戻ります。またね!


テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : ヘッドホン

06:24  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.10 (Sat)

オカリナで 「浜辺の歌」

オカリナレパートリー パーティーで吹くベスト20オカリナレパートリー パーティーで吹くベスト20
(2000/07/21)
不明

商品詳細を見る



 おはようございます。
 Sakeyです。

 きょうの「キモチいい音さがし」は、オカリナ オカリナ


 宗次郎さんのベストアルバムをレンタルして、上の画像のオカリナ曲集を買ってきて、チャレンジしています。
 宗次郎さんとか、下の動画の音には遠く及びませんが、ウィンドシンセなりに、郷愁を感じさせる、やさしい音色で、まあまあ良いんじゃないかと思っています。

 曲集はパーティー用となっていますが、中に「卒業」もありまして、その3曲。

 ロッド・スチュワートさんの、セイリング
 中島みゆきさんの、時代
 荒井由実さんの、卒業写真

 どれも、個人的な思い入れがあり、自分で吹きながら、どっぷりと感傷に浸ってしまい、やめられません。

 難を言いますと、音を伸ばしていると、かけてもいないビブラートというか、微妙なウネリが周期的に発生します。
 Sakeyの使っている音源ボード PLG150-VL は、物理モデルなので、本物もそうなんでしょうか?
 子供の頃、プラスチックのオカリナを吹いたっきりなので、よく分かりません。

 もう一つ、サンプル曲のサビのところで、ディレイを使っています。
 ボードを入れている音源モジュール MOTIF-RACK ES 内蔵のディレイを、フットペダル でコントロールしているのですが、タイミングとか、フィードバック量とか・・・・、どうにもキレイにかかりません。
 オカリナに限ったことではなく、このディレイはちょっと扱いにくい感じです。
 専用のディレイ機(ハード)が欲しいかな? なんても思うのですが、どなたか、安くて、キレイに響いて、ノイズが少なくて、操作が簡単なディレイを、ご紹介いただけませんか? 

 では、きょうのサンプル曲は、著作権フリーの、日本の名曲、「浜辺の歌」
 下のリンク をクリックすると、Sakeyの別のサイトが開き、そこでもう一度クリックすると曲が始まります。
 MP3ファイルで、約1MBです。

 浜辺の歌 : Ocarina!

 ところで、下の動画のお二人の演奏をもっと聴きたいのですが、お名前すら分かりません。
 何か、ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて!





 

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : PLG150-VL MOTIF-RACK BAND-IN-A-BOX オカリナ CLASSIC

10:16  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.03 (Sat)

衝動買い! 展覧会の絵


SEA‐008 須川展也サクソフォン=コレクション M.ムソルグスキー/長生淳 展覧会の絵SEA‐008 須川展也サクソフォン=コレクション M.ムソルグスキー/長生淳 展覧会の絵
(2005/06/20)
不明

商品詳細を見る



エキシビション・オブ・サクソフォンエキシビション・オブ・サクソフォン
(2003/01/29)
須川展也

商品詳細を見る


 おはようございます!
 Sakeyです。

 昨日、楽器ショップにオカリナの楽譜を買いに行きまして、なぜかというと、次の 「キモチいい音さがし」は、オカリナを予定しているからで、それはそれで一冊買ってきました。オカリナ

 せっかくなので、他の棚も見ていると、サックス奏者 須川展也さんコレクションの 「展覧会の絵」の楽譜を発見! (上の画像です)
 サックス1本 とピアノのための曲で、長生淳さんの編曲です。

 開いてみると、試すまでもなくSakeyには、難しすぎる譜面。
 でも、買いましたね!

 Sakeyは、楽譜だけは絶対にショップで現物を見てからでないと買わないのですが、目に付いたときに買わないと忘れてしまうし 、思い出したとしても入手できなくなっていることが、結構ありますからね。

 須川さんの演奏も聴いたことがなかったので、さっき、Amazonで注文しました。
 下の画像のCDです。Amazonで試聴もできますので、興味ある方はどうぞ。

 「展覧会の絵」 は、十数曲からなる組曲で、中には今のSakeyでも吹けそうなのもいくつかありますので、まずは聴き込んで、簡単なものからチャレンジしようと思います。

 ピアノはですね・・・、MIDIとかで作っても、このタイプのクラシック曲は、タイミング合わせるのは不可能です。
 知り合いにピアノの先生がいますので、上手くなって、いつかはお願いしたいもんです。
 
 良く耳にする曲ですが、Sakeyが、今までに衝撃を受けた「展覧会の絵」を二つ紹介します。

 まず、山下和仁さんが、ご自身でギター用に編曲して演奏したもの。
 Sakeyはクラシックギターもちょっとやるのですが、この演奏凄すぎます!
  
 次に、EMERSON LAKE & PALMER の、「展覧会の絵」
 こちらは、アレンジと、アナログシンセの音と、エマーソンさんのパフォーマンスが、格好良すぎますね!







テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : サックス CLASSIC

08:28  |  Music  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |