FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.31 (Sun)

使ってます steinberg CC121

CC121

 おはようございます。
 Sakeyです。

 写真の物体は、steinberg社のフィジカルコントローラ、CC121
 狭い机がさらに狭くなりますが、使っています。

 何かというと、Sakeyの使っている同社のCUBASEというDAWの専用コントローラです。
 マウスやキーボードの代わりに、CC121のスイッチやノブでCUBASEを操作できます。

 USBで接続するだけなので簡単に・・・
 と思ったら、購入時なかなかCUBASEがこの機械を認識せず、さんざん苦労しました。
 サポートにメールして、ようやく使えるようになりました。

 使ってみると、なかなか便利なやつです。

 一番お得なのは、マウスやキーボードだと、画面の前面に表示されているウィンドウでなければ操作できないのですが、CC121に割り当てられているものは、それをしなくても操作できます。
 インサートエフェクトの設定なんかのウィンドウを前に出したまま、右下の大きなノブで曲中のポジションを移動したりできます。

 左端はボリュームを調整するフェーダーですが、マウスで動かすよりは、ずっと良いです。
 フェードアウトなんかの時に、リアルタイムでフェーダーを操作して、その動きをCUBASEに記憶させることができるのですが(オートメーション)、マウスだとどうしてもぎこちない曲線になっていたものが、少しは上手になりました。
 
 操作対象のトラックを移動すると、モーター駆動で、画面上のフェーダーの位置に、CC121のフェーダーがピシッと移動して、意味もなく、うれしくなります。

 中央上段に並んでいる黒いノブは、EQ(イコライザ)設定専用です。
 CUBASE画面のEQカーブもちょっと小さい感じで、マウスでいじっていると、どうしても豪快に動かしすぎていたのですが、これだとちょうどいい感じです。

 ただ、Sakeyの場合、CUBASEはウィンドシンセの練習や音作りのお伴ですので、メインの録音・再生・削除といったことは、相変わらず、キーボードのショートカットの方が手っ取り早いです。

 CUBASEを使い倒して音楽制作する人ならいいでしょうが、Sakeyの場合だと、恩恵に比べて、値段が高すぎたような感じはします。



スタインバーグ・ジャパン USBコントローラー CC121 CC121スタインバーグ・ジャパン USBコントローラー CC121 CC121
(2008/09/12)
Steinberg Media Technologies AG/Steinberg Japan

商品詳細を見る
 
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : CUBASE CC121 MIDI

06:16  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.30 (Sat)

ごめんなさい クリスマスのお詫び

 おはようございます。
 Sakeyです。

 昨年の暮れに、2回にわたって、VLボード版の音色で演奏した、たくさんの "Silent Night" を、ホームページにアップしたのですが、今ごろになって、再生できないことに気付きました。
 関係する記事は、これとこれです。

 前にも同じようなことがあったのですが、ファイルの容量が大きすぎたためと思います。
 「Sakeyの音楽室」というところにアップしているのですが、FC2ホームページという無料サービスを使っていまして、一つのファイルの上限が1メガバイトです。

 Sakeyのコンピュータでは、0.98MBとなっていたし、その時にはアップできたのですが、どうも何日かしてからチェックしているようで、削除されていたんだと思います。

 ちなみに、このブログはFCブログという無料サービスを使っていますが、こちらに直接アップできるのは500キロバイトまでなので、出来るだけ音質を落とさないように、別のサイトを利用するという面倒な方法を使っているんです。

 昨年末から、クリックを試みていただいた方々には、とても不愉快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありませんでした。

 曲の最後の方を切る という乱暴な方法で、950KBくらいに縮小して、再度アップしましたので、今度は大丈夫だと思います。
 もしよろしければ、もう一度クリックしてみてください。

 ところで最近、Sakeyは下の画像のCDをよく聴いています。
 Sakeyの応援している、伊藤サチコさんがプロデュースした、女性シンガーソングライター11人のコンピレーションアルバムで、よい曲ばっかりです。
 ぜひ試聴してみてください。 →こちらで試聴できます。

If The Girls Are UnitedIf The Girls Are United
(2010/01/13)
オムニバスありましの

商品詳細を見る


テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : CUBASE PLG150-VL MOTIF-RACK

10:05  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.24 (Sun)

ジョニーBグッド! WX Trumpet



 おはようございます。
 Sakeyです。

 気がついたら、ブログを始めて、今日でちょうど1周年

 ウィンドシンセの演奏もさっぱり上達せず、キモチいい音さがしも、まだまだこれから。
 まさに、1歳の赤ちゃんみたいなもんですが、飽きずに続けているだけでも、ありがたいことだと思います。
 いつも、ブログを訪問していただいている皆さまに、お礼申し上げます。

 1周年特別企画はなく、いつもと同じ、キモチいい音さがしです。
 音色は、WX Trumpet 

 旧音源のVL70-mのリストブックの説明によれば、「ウィンドコントローラでの演奏に向いたトランペット音色です。
 何が向いているのか、不明ですが?、ピッチベンドを上げると、リップスラーが出来ます。
 リップスラーというのは、トランペットの同じ指使いの異なる音を滑らかに変化させることですが、ウィンドシンセの場合は、要するにリードを強く噛むと、オートアルペジオのようなものが発生するのです。
 ただ、噛み加減が難しく、やりすぎると、口の中が傷つきます。
 今日のアップ曲でも、一番最後の音でチャレンジしていますので、お暇なら、笑って聴いてみてください。

 この音で、演奏する曲は、チャックベリーの、Johnny B. Goode

 いつ聴いても、誰のを聴いても、心躍る永遠のスタンダードですね。
 カラオケは下の画像の緑川さんの曲集に入ってますが、これも素晴らしい演奏です。
 一人でヘッドフォンをかぶりながら、これに合わせてウィンドシンセを吹き、興奮状態に陥っています。家族以外には、とても見せられない。

 Sakeyは、かつて、トランペット入りの5人ロックバンドを結成していたことがありまして、Sakeyはボーカルだったんですけどね~~、
 なつかしいなあああ・・・・ 
 なこともあって、トランペットでロックが好きなんですね。

 はい、では、Band-in-a-Boxというソフトで、同じコード進行のバッキングを超簡単に作って、アドリブしたものをアップします。
 届いたばっかりのフットコントローラに気を取られて、ぜんぜんノリが悪いのですが、笑ってやってください。

 下のリンクをクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると、音楽が始まります。(MP3ファイル、965KB)

ロックンロール アドリブ : WX Trumpet


アルトサックスのしらべ 憧憬のスタンダード編(CD付)アルトサックスのしらべ 憧憬のスタンダード編(CD付)
(2005/11/28)
緑川 英徳

商品詳細を見る



テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : PLG150-VL MOTIF-RACK トランペット ROCK BAND-IN-A-BOX

05:16  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.23 (Sat)

ヤマハ MIDIフットコントローラ MFC10 導入!

 おはようございます。
 Sakeyです。

 前から欲しかった、ヤマハのMIDIフットコントローラ MFC10を買っちゃいました。
 もちろん、ウィンドシンセを演奏するために使うんです。
 いろんな物が増えて、複雑になるのが嫌な気もしますが、ここは是非使いこなして、いろんなウィンドシンセ表現を楽しみたいもんです。

 届いたばかりで、これから、いろいろ試すのですが、

 まず、プログラムチェンジを送れるので便利です。
 Sakeyは、音源のMOTIF-RACKと旧音源のVL70m、それにイコライザのDEQ830、エフェクターのM350の4つの楽器のプログラム番号を、音色ごとに同じ番号にしてセットしているので、いっぺんにチェンジできたら便利です。
 ウィンドコントローラのWX5から送ることもできますが、プログラムチェンジ以外のコントロールデータも送られると、エフェクタが変な動き、例えば、バイパスしたりという問題がありました。
 MFC10があれば、プログラムチェンジはMIDIチャンネル1で全部の楽器に送り、WX5の演奏データは別のMIDIチャンネルでMOTIFだけに送ることができるので、解決しました。

 それは、ともかく、いかに音楽表現に活かすかですが、

 まず、下段左端の1番のスイッチは、ポルタメントに使うことに決めました。
 WX5本体にもポルタメントスイッチは付いているのですが、演奏中にこれを押すのは、至難の業!
 これも、使えるようになりました。
 しかし、今はトランペットの音作りをしているのですが、思ったほど滑らかなポルタメントにはならないみたいです。

 右側のフットコントローラは、とりあえずアフタータッチなことにして、いろんな効果を試しています。
 トランペットの場合は、VA音源のパラメータとして、タンギングというのがありますが、これを上げるとちょっと暗い、こもったような音になりますので、一生懸命ペダルを動かすとワウワウみたいにできます。

 ただ、VA音源のパラメータって、たくさんあるんですが、コントローラが効くものが、実は少ないんです。
 足元も使っていろいろとやるとすれば、MOTIF本体のエフェクタとか、イコライザを動かすことになります。

 例えば今はトランペットなので、地味にやるとすればトレモロで音量のビブラートを掛けてみたり、ちょっと遊ぶとすればフランジャーでミュートっぽい感じにするとかですが・・・・

 まだ、試行錯誤を始めたばっかりです。
 良いノウハウをお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えていただければ、うれしいです。
 

MFC10


テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : MFC10 MIDI

09:16  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.17 (Sun)

いつか王子様が Mute Pet



 こんにちは!
 Sakeyです。
 きょうもよろしく!

 きょうも、ウィンドシンセの「キモチいい音さがし」
 音色は、ミュート・トランペット

 トランペットに弱音器を付けて、演奏するんですね。
 音を弱くするというよりも、独特の音色を求めて使うんです。
 いえいえ、Sakeyは触ったことないですけど。

 ミュートといえば、Sakeyはすぐに、マイルス・デイビスを思い浮かべちゃいますね。
 「いつか王子様が」 (Someday My Prince Will Come) は、ジャズ研時代によくやった思い出の曲。
 ウィンドシンセの音を調整するときに、Sakeyは何か1曲決めて、その曲に合うようにセットするのですが、今回は当然この曲ですね。

 音が出来たので、アドリブの練習をしたのですが、ワルツが体になじまず、ぜんぜん乗り切れません。
 未熟!

 マイルスのファンに叱れそうですが、それらしき曲をアップします。
 音のサンプルとしてお聴きください。

 アドリブは、緑川英徳さんの「アルト・サックスのしらべ」と、岡淳さんの「テナー・サックスのしらべ」を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

 下のリンクをクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると、曲が始まるようになっています。MP3ファイル、831KB

ジャズワルツ アドリブ : Mute Pet




テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : トランペット PLG150-VL MOTIF-RACK JAZZ BAND-IN-A-BOX

14:19  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.11 (Mon)

A列車で行こう! Jz Pet

 おはようございます!
 Sakeyです。

 今年最初の、「キモチいい音さがし」
 今度は、トランペットに挑戦。
 まずは、ジャズトランペットから。

 合わせた曲は、Take The "A" Train (A列車で行こう) 
 新年早々気持ちの良い曲ですね。
 スウィングガールズもやってましたし、スウィングジャズといえばこの曲!
 Sakeyも、かつて、ジャズ研に入って、すぐにやりましたね。

 ウィンドシンセの音の方は、下の動画のプロの音と比べると、ちょっと元気が良すぎるかもしれません。
 それから、線が細いというか、もうちょっと深みが欲しい感じ。
 ただ、サックスはいろいろと悩むのですが、それ以外のペットとかフルートなんかは、プリセットそのままで結構ストレスなく使える気はします。

 いつものサンプル演奏ですが、
 ついに今回から、"Amazing Grace"ワンパターンをやめて、テーマ曲風のバッキングを作り、それにアドリブでウィンドシンセのメロディを乗せることにしました。
 テーマ曲をそのまんまやっちゃうと、著作権の問題が出てきますので。

 バッキングは、"Band-in-a-Box"というソフトで、超簡単に自作したものです。
 アドリブも、今の実力で無理せず、時間を掛けずに、Cubase5で録音しています。
 お聞き苦しいかもしれませんが、音のサンプルということで、興味のある方は聴いてみてください。

 下のリンク をクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると、曲が始まるようになっています。(MP3ファイル、 828KB)

スウィングジャズ アドリブ : Jz Pet




テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : PLG150-VL MOTIF-RACK トランペット JAZZ BAND-IN-A-BOX

07:44  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.10 (Sun)

スコアメーカー FX4 Std 導入

 こんばんは!
 Sakeyです。

 ウィンドシンセ関係で、お金の使いすぎかな? 気味のSakey・・・・
 今年最初の買い物は、KAWAIのスコアメーカー
 何かというと、マニュアルによれば、「楽譜認識&作成」ソフトウェア

 "FX4" は、去年バージョンアップされた、バージョン。
 グレードがいくつかありますが、スキャナで認識できればいいやっ、ってことでスタンダード版にしました。

 何のために買ったかというと、

 一つには、昨日の記事に書きましたが、Sakeyは、ウィンドシンセを全部Cのキー(オールC奏法)で演奏しています。
 どんなキーの楽譜でも、頭の中でCに移調して吹く練習をしていて、ちょっとは慣れてきたんですが、やっぱり難しいものは難しい。
 今年の目標は、もう一段難易度の高い曲をたくさんマスターするぞ~、なので、
 時には意地を張らずに、Cに移調した楽譜を使おう

 ということで、面倒くさがりのSakey、自分で書き直したり、CUBASEとかに打ち込んだりなんて考えもせず、楽譜をスキャナで読み込んで、データにしてくれる、このスコアメーカに手を出したわけです。

 もう一つは、バッキングを簡単に作れないかな? です。
 ウィンドシンセを始めてからは、たいていは、カラオケCD 付きの曲集を買ったり、それ以外に演奏したい曲があればMIDIデータを買ったりしていて、面倒くさがりなので、あんまりバックのデータを作る必要はないのですが、
 それでも、ピアノ伴奏用のリコーダー曲集とか、いろんなバンドスコアとか持ってたりで、欲しいカラオケが何でも手に入るわけでないので、そういう時のために、ということで。

 届いて1週間くらい経ちました。
 スキャナでいろんな曲を読み込んでみましたが、音符 に関しては、ほぼ完璧に読み取ってくれます。
 世の中の進歩って、すごいもんですね!

 音符以外の、コードネームとか、リハーサルマークとかは、結構笑える誤認識をしてくれます。
 きょうは、曲冒頭の8小節休みの、「8」の数字を、ミとソの全音符と認識してもらって、しばらく和音が鳴ってました。

 どっちみち、一度は認識結果を最初から最後まで確認しなければならないから、楽しみながら修正したりしてます。
 目じゃなくて、付属のソフト音源で再生して確認できるので、ラクチンです。

 使い方も分かりやすいです。
 分厚いリファレンスマニュアルも付いてきましたが、読む気なし。
 画像下の公式ガイドブックを、あらかじめ買って一読してたので、ソフトが届いてからは、カンで使ってます。

 少々値が張りますけど、これは長く使えそうな感じ・・・


スコアメーカーFX4 StdスコアメーカーFX4 Std
(2009/10/21)
Windows

商品詳細を見る



スコアメーカーFX4公式ガイドブック ~楽譜を手軽にカンタンにスコアメーカーFX4公式ガイドブック ~楽譜を手軽にカンタンに
(2009/12/16)
スタイルノート楽譜制作部

商品詳細を見る


テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : スコアメーカー 楽譜

18:41  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.09 (Sat)

オールC奏法

 おはようございます。
 Sakeyです。

 実はSakey、ウィンドシンセで、「オールC奏法」というのを試していまして、2009年の始めに思い立って始めたことなので、約1年が経過しました。
 まだまだ、未完成で練習途上ではありますが、感想を書いてみます。

 「オールC奏法」とは、その名のとおり、すべての曲をCのキー(ハ長調)、もちろんマイナーならばAm(イ短調)に移調して、演奏するということで、Sakeyの造語ではありますが、きっと世の中には同じことを考えている人もたくさんいると思います。
 
 いうまでもなく、電子楽器ですので、自分はオールCで演奏しても、音源側のスイッチ一つで、出る音を半音単位で上げたり下げたりできるので、すべての曲に対応することが出来ます。

メリットその1
 こんなことを始めたのは、「歌うように演奏したいもんだ」ということです。
 気がついたらSakeyは「移動ド」人間になっていましたので、頭の中の音名と、指で押さえている音名が一致しているというのは、理想的なことです。

メリットその2
 どうしたって、#や♭がたくさんあるのは運指が難しいわけですが、避けることが出来ます。
 ジャズのアドリブレッスンなんかだと、必ずと言っていいほど、「12のキーでスラスラできるように」ということになるのですが、そんな機械的な訓練をしなくて済みます。 
 だからといって、ドレミファソラシドだけ出来ればいいというもんではありません。
 どんな曲にでも、曲中の転調があります。
 今のところ、メジャーだとF、G、D、それにマイナーだとAmの他にCmあたりをよく練習しておけばいいかな? って感じです。
 あと、ポップス系では、盛り上がりに半音上げというのが良くありますので、D♭もちゃんと出来なきゃいけませんが、これに関しても、Sakeyは、WX5では、右小指でD#キーというのを押すと半音上がりますので、これを押さえっぱなしにして、普通のドレミファを吹くという、とことん楽をする奏法で演奏します。

デメリットその1
 いろんなキーの楽譜を、頭の中でC調に移して演奏するので、その訓練が必要です。
 1年間やりましたが、まだまだ、速い曲とか、臨時記号がいっぱい出てくると、頭が対応できません。
 DやB♭だと一つずらし、EやAだと二つずらし、というふうにやっていますので、三つずらしのFとGが一番なじみにくいです。
 FやGは、#と♭が一つで、演奏的には楽なキーなので、こんなことならオールCを止めたくなることもたびたびですが、我慢して続けています。
 だからといって、Cに楽譜を書き直すのも、面倒くさがりのSakeyとしては、やる気ありません。
 ただ、これに関連してカワイの「スコアメーカー」を導入 しましたので、次回の記事で・・・
 
デメリットその2
 アドリブが、ワンパターンになる恐れがあります。
 Sakeyはウィンドシンセ初心者で、ホンモノの管楽器を吹いたことがないのですが、かつてピアノやギターでアドリブした経験からすると、どうしたって、キーによって弾きやすいフレーズというのがあって、それが練習の繰り返しで、手ぐせになって、積み重なっていくんですね。
 だから、このままだと、Cの手ぐせのワンパターンしか出来ていかないかも?
 まあ、Cであっても、まともなアドリブを出来る腕前になってないので、まだそんなことを心配する段階でないんですけどね・・・

 いまは、TSUTAYAからレンタルした、ゴードンさんのサックスを聴きながら、記事を書いてます。
 楽しい3連休を!!


アワ・マン・イン・パリ+2アワ・マン・イン・パリ+2
(2007/06/20)
デクスター・ゴードン

商品詳細を見る

テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : WX5 楽譜

06:35  |  練習  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.01 (Fri)

2010年の目標

 Sakeyです。
 あけましておめでとうございます!
 2010年も、よろしくお願いします。

 元旦のきょうは、ひどい天気で、外出をあきらめ、この記事を書き終わったら、ウィンドシンセの吹き初めをすることにしました。

 今年の目標を書いてみます。

 テクニックを磨いて、少しレベルの高い曲を演奏できるように、また、アドリブなんかも、もうちょっとまともに表現できるようになりたいもんだと思います。これが、第一。
 新年にあたり、下の画像の小林香織さんのCDを聴きながら、気持ちを盛り上げています。

 音源をもっと勉強して、特にサックス系の「キモチいい音」を追求したいもんだと思います。
 MOTIF-RACK ESと、ブラグインボードPLG150-VLを導入したばかりですが、4つまで音を重ねることができるMOTIFのパフォーマンス・モードでの、音作りに挑戦する予定です。
 あと、フット・コントローラを導入して、ES本体のエフェクトなんかをリアルタイムにコントロールして、キモチいい表現を探りたいです。

 一年に一曲くらいは、作曲したいもんだと思います。
 そもそも、ウィンドシンセを始めようと思い立ったのは、DTMに表現力あるリード演奏を入れたかったからなんです。
 ウィンドシンセの練習や音さがしの段階で止まっていますが、せめて一曲は・・・・

 ネット上、たぶん、MUSIC TRACKに、何曲か、聴くに堪えられるものを発表したいもんだと思います。がんばります。


 訪れていただいた皆さまにとって、2010年が良い年であるように、お祈りします。
 

ゴールデン・ベストゴールデン・ベスト
(2009/03/04)
小林香織上野浩司

商品詳細を見る


テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : PLG150-VL MOTIF-RACK MFC10 作曲

13:47  |  プロフィール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。