FC2ブログ

2009.07.26 (Sun)

「枯葉」 を吹く。 Lite Alto

 おはようございます。
 Sakeyです。

 きょうも、「キモチいい音さがし」 です。

 本日のテーマ曲は、枯葉 

 ジャズの超定番ですね。
 Sakeyも、かつてジャズバンドを始めたときに、最初に練習した数曲の中の一曲が、これです。
 なつかしーなーー 

 コード進行に難しいところがないです。
 メジャー4小節と、マイナー4小節の組み合わせだけで、確かに初心者向け。
 それに、日本人の情感にマッチするせいか、メロディが、やっぱ良いですよね。

 練習に当たっては、下の画像の岡淳さんの教本の楽譜 と、伴奏CD を選びました。

 アドリブに関しては、マイナー部分の音をどうやって決めるか?? が、悩みどころです。
 しかも、Sakeyのつたない技術の範囲内で・・・

 この点、岡さんの模範演奏と、解説がとっても参考になります。

 ウィンドシンセの音色は、"Lite Alto"

 このブログを始めて、2回目にアップした音色の焼き直し版です。

 ノイズ成分が乗っていて、確かにライトな感じが、心地よいです。
 それに、広い音域で、割と無理なく使えるのも、良いと思います。

 ただ、時にノイズがちょっとうるさく感じる時があります。
 それから、高音域が単調というか、棒のような感じで、減点です。演奏的に、何かやって誤魔化したくなっちゃいますね。

 この音色は、ライトなジャズを意識して加工していたのですが、副産物として、バラード系のポップスなんかにも使えます。
 リバーブの種類を変えて、ちょっと深めにすると、なかなか良い感じです。
 ポップス版として、別にメモリーしちゃいました。

 あんまり高音にかからないところで、宇多田ヒカルさんの "First Love" なんかが、決まります。

 では、ライトジャズ版のほうを、アップしてみます。
 下のリンク をクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこで、もう一度クリックすると、音楽が始まります。
 感想など、お聞かせいただければ、うれしいです。

Amazing Grace : Lite Alto : MP3 : 806KB


テナー・サックスのしらべ(CD2枚付き)テナー・サックスのしらべ(CD2枚付き)
(2007/09/20)
岡 淳

商品詳細を見る
スポンサーサイト



テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス JAZZ AmazingGrace

10:11  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.19 (Sun)

Candy Dulfer の 「I can't make you love me」 を吹く。 Sweet Alt



 おはようございます。
 Sakeyです。

 きょうも、「キモチいい音さがし」、いきます!

 テーマ曲は、キャンディ・ダルファーさんの "I can't make you love me"

 上の動画のように演奏するのが目標で、下の画像の楽譜集の譜面を見ながら、付属のカラオケCDで、毎日練習しています。

 "I can't make you love me" は、もとは、Bonnie Raittさんの歌った曲。
 たくさんのアーティストが、カバーしていますね。
 「夕映えの恋人たち」って、邦題があるらしいです。

 ウィンドシンセを始めてから、Sakeyの一番のアイドルは、キャンディ。
 音が、好きです。
 藤野美由紀さんが、楽譜集を作ってくれてからは、車に置いておき、待機時間に、i pod で再生しながら、譜面を眺めています。

 早いテンポのは、まだやっぱり難しいので、最初に取り組んでるのがこの曲。
 もうちょっとで、人にお聴かせできるかな?? って、ところです。

 音色の方は、キャンディに近づけるのは、あきらめて、音源VL70mの中では、バラード向きかなということで、"Sweet Alt" を選んでみました。
 "Jazz Sax" の音とよく似ているのですが、こちらは乾いた感じを残して、フォービートなんかのジャズに、Sweetのほうは、ディレイなんかも使って、バラード全般という使い分けでいきたいと思ってます。

 出来の方は、高音の音質がやっぱり気になるのと、低いほうももう一つウネリヒネリが欲しいかなってところで、満足度50%くらいです。

 いつもの "Amazing Grace" をこの音色で演奏したものを、アップしてみます。
 感想などお聴かせいただければ、うれしいです。

 下のリンク をクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると、曲が始まります。

Amazing Grace : Sweet Alt : MP3 : 806KB


CANDY DULFER MASTER BOOK キャンディ・ダルファー教則CD付楽譜集 アドリブ完全採譜CANDY DULFER MASTER BOOK キャンディ・ダルファー教則CD付楽譜集 アドリブ完全採譜
(2008/11/29)
藤野 美由紀

商品詳細を見る


テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス AmazingGrace FUNK

17:17  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.18 (Sat)

いきなり テルミン

テルミン


 こんばんは!
 ウィンドシンセ初心者のSakeyです。

 写真は、「テルミン Premium」です。
 「大人の科学」の製品版という、自分で作らなくも良いバージョンで、9,975円です。

 「大人の科学」第17号で、「テルミン mini」というのが出ていまして、これもSakeyは持っています。
 2,300円でした。
 しかし、あんまりに難しいので、あんまり練習してなかったです。

 特に、ミニは、音を切ることができないので、ストレスがたまりやすかったです。

 プレミアムは、左側にアンテナが付いていて (写真では2本のように見えますが、ループアンテナです)、これで音量を調節したり、切ることもできます。

 右側のアンテナに手を近づけたり離したりして、音程を変えます。

 本体の上に載っている黒い輪は、アース用のバンドで、左手に装着します。
 これもミニにはなかったのですが、これがあると、安定します。

 手前に転がっているピンクの物体は、音程を取るために使おうと思ってダイソーから買ってきた、アンデスの笛です。

 プレミアムの良いところは、外部出力端子が付いていることで、ヘッドフォンをつないで夜中に遊ぶこともできますし、ウィンドシンセで使っているエフェクターに流したり、CUBASEのプラグインを掛けたりもできますね。

 テルミンというのは、世界初の実用可能な電子楽器ということになっていますね。
 1920年に、ソ連のテルミンさんが発明したそうです。
 ほんと、難しい楽器なんですが、音を出すことは簡単なので、逆に誰でも遊べます。
 Sakeyも、家族に貸したりしています。

 プロの演奏家もいます。
 Sakeyは今、記事を書きながら、竹内正実さんというテルミニスト演奏の、サン・サーンスの「白鳥」を聴いています。
 なんで? ってくらい、優しい音色で、テルミンを完璧に演奏してるんです。すごい!

 竹内さんまでとは言いませんが、Sakeyもいつか、"Amazing Grace"くらい演奏できるようになって、ブログにアップすることを目指したいと思います。

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : テルミン

19:53  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.11 (Sat)

「Lovin' You」 を吹く。 Nz Flute

 おはようございます。
 Sakeyです。きょうも、よろしくお願いします。

 きょうの 「キモチいい音さがし」 は、フルートです。フルート

 音色は、"Nz Flute"
 リストブックの説明は、「ノイズ成分の多いフルート音色です」

 なぜ、急にフルートなのかといいますと・・・・・

 年齢不詳のSakeyは、このあいだ、ハッピーバースデイ
 
 ある人が、「楽譜をプレゼントしましょう」 と言ってくれたので、一緒にショップへ。
 正直、サックスのは欲しいのは全部買っちゃってるので、選んだのが、下の画像の曲集。

 近々、お礼に、一曲お聴かせしなければ、ということで、現在はフルートに取り組んでいます。

 この曲集、もちろん、模範演奏とマイナスワンのCD付きなのですが 、バックがアコギ とドラム、全体にボサノバっぽいアレンジが多くて、聴いてるだけで、良い感じです。

 お礼の曲ということで選んだのが、ミニー・リパートンさんの歌った名曲、"Lovin' You"
 この曲もボサノバ・アレンジになっていて、サラサラと気持ちよく、進行していきます。

 ウィンドシンセの音色ですが、大久保さんの模範演奏のイメージに近いということで、ノイズ成分の多いフルートにしてみました。
 乾いた感じが、結構気に入っています。
 リップでベンドを掛けたり、グロウルを入れてみたり、アグレッシブな表現も可能で、なかなか良いと思います。

 では、この音色で、いつもの "Amazing Grace" を演奏したものを、アップします
 この曲集の中に、"Amazing Grace" も入っていまして、今日は、その楽譜 を見ながら演奏しました。

 下のリンク をクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると、曲が始まります。
 感想など、お聴かせいただければ、うれしいです。

Amazing Grace : NzFlute : MP3 : 806KB


フルートで奏でる 12のポピュラースタンダードフルートで奏でる 12のポピュラースタンダード
(2008/09/05)
大久保 はるか

商品詳細を見る


テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m AmazingGrace フルート

07:28  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.05 (Sun)

音づくりのステップ

 おはようございます!
 Sakeyです。

 毎週週末に、新しい音色の演奏をアップすることを目標にしているのですが、今週は何かと忙しく、あきらめました。

 Sakeyは、こんな手順で、音探し、音作りをしているのですが、初心者 なことに加え、働きながらやっていることなので、すんごく時間が掛かります。

 なんか、もっと良いアイディアなどお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんか?

1 好きなアーティストのアルバムや、曲集の模範演奏なんかを聴いて、ウィンドシンセで吹きたい曲を決めます。

2 音源VL70mのプリセットの中から、いろいろ試して、一番良さそうな音色を選びます。

3 一通り最後まで吹けるようになるまで、練習します。

4 カラオケに合わせて、VL70mの素の音 (外部エフェクトも内蔵エフェクトも外して) で演奏して、CUBASEに、オーディオ録音します。

5 録音した素の音に適当なプラグインエフェクト(コーラスとリバーブ)を掛け、ループ再生しながら、CUBASE内蔵のパライコで、EQをいじり、最適ポイントを探します。

6 決めたEQを、Sakeyのアウトボードのイコライザ、ALESISのDEQ830に、移します。
 この手間は何かといいますと、DEQは30バンドのグライコですが、やっぱりパライコの方が、直感的に早く操作できるので、パライコで大枠を作っているんです。

7 今度はカラオケに合わせて、CUBASEにMIDI録音します。

8 MIDIをループ再生しながら、VL70mの音色パラメータ、もう一つのアウトボード、t.c.electronicのM350 (コーラス、リバーブ用) の設定を、いろいろといじります。DEQも、さっきので完全というわけではないので、本体のスイッチをいじります。

9 これでできましたので、吹きたかった曲を、作品として、CUBASEにオーディオ録音します。

10 他にレパートリーといいますか、オケと楽譜を用意している曲が70曲くらいあります。J-Popとか、世界の名曲とか、割と簡単な曲が中心です。これを、さっきの音色で、全部吹いてみます。

11 その中から、「音色に合うなーー」 と思った曲を、数曲、作品としてCUBASEに録音します。

12 "Amazing Grace" を録音して、ブログにアップします。

13 録音したものを、後で聞き返して、自己満足したり 、落ち込んで再調整したりします。

 上手くいって、これです。
 途中で挫折して、放棄した音色も、たくさんあります。

 大変っていえば大変ですが、好きでやっていることなので、焦らず楽しくやるようにしています。

 実は、訳あって、今はフルートの音色をやっています。
 下の画像の本で、フルートとは何かの基本を勉強し、今ブログを書きながら、著者の金野さんの模範演奏を聴いています。
 本の説明は、本当に勉強になりました。
 金野さん、ありがとうございました。

今日からフルート ~入門から中級まで~ 模範演奏・カラオケCD付き今日からフルート ~入門から中級まで~ 模範演奏・カラオケCD付き
(2006/10/24)
金野 紗綾香

商品詳細を見る


テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m DEQ830 M350

10:50  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.04 (Sat)

ケンショーエン と ぷっくりシール

 こんにちは。Sakeyです。
 次の写真が、ぷっくりシール です。 

ぷっくりシール

 ケンショーエン (腱鞘炎) とどう関係があるかと言いますと・・・・、

 ウィンドMIDIコントローラのYAMAHA WX5のオクターブキーの操作のしかたについては、リンク集にあります "WX5 workbook" の中で、写真やアニメ付きで、kirinoさんが丁寧に教えてくれています。(このページです。)

 左の親指を回転するようにして、上2個、下2個のキーを操作するとよいのです。

 で、WX5を買ったばかりのSakeyは、当然これをお手本にして練習しました。
 ところが、あまりに楽しいので、演奏のし過ぎがたたったのか、間もなく、親指がケンショーエンに

 第一関節が曲がりません。
 湿布を指に巻いて、動かさないようにして、、、、治るのに3ヶ月くらい掛かりました。

 これは、Sakeyが初めてだったため、やり過ぎだったため、力の入れ過ぎだったためだと思います。
 けっして、workbookが悪いのではありません。

 治癒したSakeyは、ダイソーから、ぷっくりシールと、ドアの隙間なんかをふさぐためのテープを買ってきて、いろいろ試した結果、今の左親指付近は、次の写真のようになっています。

ぷっくりシール3
  
 まず、隙間防止テープの上に、親指を置きます。
 何もないより少し痛み防止になり、滑り止めにもなります。

 その上に、三日月型  のキーが2つあり、下の方だけ押すと1オクターブ、両方押すと2オクターブ上がります。上の方だけ押すと、3オクターブ上がりますが、普通の曲だとほとんど使いません。

 それでSakeyは、下の方のキーには最初から指の先 (爪の先っぽのあたり) を最初から少し掛けておいて、押すときは力を入れて押します。
 上のキーに、黄色いぷっくりシールが貼ってありますが、実は2枚重ねで、貼ったことで5ミリくらい盛り上がっていますので、押すときは、第一関節の近くで、キーを押します。

 隙間テープの下側は、オクターブダウン用のキーが2つですが、たまに1オクターブダウンを使うだけなので、白いぷっくりシールを貼って、間違わずに1オクターブ下がるようにしています。
 これは、指を回すようにして、指の腹で押さえます。
 
 オススメできる方法ではないかも知れませんが、Sakeyとしては、それ以来ケンショーエンになってませんし、誤操作が増えたりとか、スピードが落ちたりとか、そんなマイナス面も特になく、上手い方法を見つけたと思っています。

 ということで、近くのダイソーを回って、同じ形の 「ぷっくりシール3」 を買い占めて、一生ウィンドシンセを吹き続けても大丈夫なようにしています。

 105円の子供用のオモチャなんでしょうが、剥がれたり、ずれたり、固くなったりもなく、なかなかの優れものです。

 もし、ケンショーエンでお悩みのWX5プレイヤーがいらっしゃいましたら、試してみてはいかがでしょうか?
 (そんなの、Sakeyだけか・・・・?

 実は、他にも、ぷっくりシールを貼っています。

 ぷっくりシール2

 表側の演奏キーのうち、右手の中指と薬指の間にあるF#キー(写真)と、左手の人差し指と中指の間にあるA#キーの2つは、Sakeyとしては、運指に使わないので、間違って押さないように (押しても押したことにならないように) ぷっくりシールをキーの下に三段重ねで貼っています。

 それにしても、WX5、汚くなってますね。
 これから、お手入れします。


テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : WX5 ぷっくりシール

13:46  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |