FC2ブログ

2009.04.27 (Mon)

さよなら BEHRINGER Mini FBQ



 おはようございます。Sakeyです。
 今日もよろしくお願いします。

 以前、「楽器たちを紹介します」 という記事を書きました。
 その中で、イコライザをもっといいものに、というようなことを記しているのですが、実はその後まもなく、新しいのを注文しちゃいました。
 ところが在庫切れということで、2か月以上の待ち状態だったのですが、どうも明日あたりに届きそうだと、注文先からメールがありました。

 ということは、たぶん、あさっての「昭和の日」 に、新しいのと取っ替えることになるでしょう。

 なので慌てて、今お世話になっているイコライザを紹介します。

 BEHRINGER (ベリンンガー、本社ドイツ)の Mini FBQ (FBQ800) です。

 購入をご検討の方の参考になるように、まじめに書きます。


良いところ
 イコライザとして、ちゃんと、効きます。

 安いです。今サウンドハウスで見たら、5300円でした。
  ちなみに、買った人のレビューが6件載っていて、全員が5点満点です!!

 スライダーが使いやすいです。動かすときの抵抗感がちょうどいい感じです。真ん中できちんとクリック感があります。

 機能が少ないので、操作を覚えるが簡単です。
  最初の日にレベルを設定してしまえば、後は9本のスライダーと、右上のバイパスボタン以外、触ることがありませんでした。

悪いところ
 9バンドなので、30バンドやパラメトリックのものに比べると、それは機能的には劣ります。

 ベリンガーはメイドインチャイナの低価格商品に定評と不安感があるのですが、まず、たしかに安っぽいです。現に、使用中は各スライダーに付いている赤いLEDが点灯するのですが、右から4番目が消えてます。 写真ではよく分かりませんが。
ま、暗いところで使うわけじゃないので、いいんですけどね。

 右の3本のスライダーを上げると、ノイズがでます。思いっきり上げると、待機中はもちろん、演奏中でも気になるレベルです。

 サイズが意味不明です。写真下のVL70mはハーフラックですが、上に載っているFBQは微妙にはみ出しています。
 また、なぜか底が丸いので、揺れます。だから不便ということはないのですが、FBQの上にはもう載せられないです。

使い方
 Sakeyの場合、接続は、音源VL70mからの出力をFBQに入れ、FBQからの出力をコーラス・リバーブのM350に送っています。

 よく使うものを手元に、ということで、机の上にVL70mとFBQを平置きしています。
 その下の本は、VLのボタンを操作しやすいように、かさ上げしているものです。

 VLは今どきの音源と比べるとどうしても音が細い感じがありますので、イコライザを思いっきり上げたくなっちゃいます。
 写真の例は、生のテナーサックス音色ですが、まず左から2番目の125Hzのところを上げて、低音を強化。
 そして、右から2番目と3番目 (4kから8kHz) を持ち上げると、輪郭がくっきり、目立つようになります。
 ただし、ここが、電気ノイズ の住み家でもあります。目をつぶっていっぱい上げるか、ほどほどにしておくかは、その時に演奏する音楽次第ってところです。
 あと、その間の500とか1kあたりは、ちょっと下げた方が、シャープな感じでいいかと思います。

 ノイズ のことに関しては、FBQが悪いのか、電気楽器とはこういうもので他の機械でもこうなのかは、分かりません。新しいのに取り替えたら、ちょっとは見えてくると思いますが。

感想
 イコライザを入れることで、音が良くなることが分かりましたし、操作のコツも、なんとなく分かってきました。 おかげでもっと良いものを買う決断ができました。

 ありがとう!! Mini FBQ

スポンサーサイト



テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : MiniFBQ VL70-m

06:54  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.26 (Sun)

よみがえるロック魂 Guitar Hero

 おはようございます! Sakeyです。
 今日は雨なので、一日中、家の中でウィンドシンセを吹こうかなと思っています。

 「キモチいい音さがし」、きょうで15回目です。

 ずーっとサックスの音をやってきましたが、実は前回のバリトンサックス  で、もうネタがつきたと思っています。
 VL70mの中には、他にもソプラノサックスとか、ファンキー系のサックスなどの素材も入ってはいるのですが、どうもSakeyのフィーリングに合いません。

 ジャズライブでのデビューを目指しているSakeyとしては、これから先、トランペット  やトロンボーン、フルートなどを探していくのか、それとも、もうサックスと決めて、サックスの音を掘り下げていくのか、悩んでいるところです。

 そんなところで、今日は、息抜きというか、一休み。
 以前から目を付けていた、ディストーションギターの登場です。

 Sakeyは、ロックバンドをやっていたことがありまして、ボーカルとか多かったですが、ギターもちょっとできますよ。
 こういう音を聴くと、やっぱり、血が騒ぎますね。

 しかし、ギターっていうのは、どうしてこんなにいい音なんでしょう。
 この音は、VL70m本体のデモソングでも使われています。
 ヤマハもオススメということですが、このデモソングの演奏、めちゃくちゃ、上手いです。カッコイイです。
 VL70mをお持ちの同志の方は、ぜひ聴いてみましょう。

 それに比べると、Sakeyの "Amazing Grace" は、ロック魂ばかり先走り、技術が伴っていないなって、感じです。
 笑って、聴いてやってください。

 下のリンクをクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると、音楽が始まります。
 感想など、教えていただければ、うれしいです。

 Amazing Grace : Guit Hero : MP3 : 872KB


 すべての記事に画像を入れるように心がけておりまして、、いつもは記事を書きながら聴いているCDのジャケットなんかを載せているのですが、きょうは、以前のと同じ音楽を聴いています。しょうがないので、ちょっと前にお花見に行ったときに撮った写真を上げておきます。やっぱり、桜はいいですよね。

桜

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m ギター

08:44  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.25 (Sat)

WX5のリード交換

リード

 こんにちは!  Sakeyです。
 今日もよろしくお願いします。

 WX5を使っている皆さんは、どれくらいでリードを取り替えますか?

 Sakeyは、今日、交換しました。
 前はたしか1月に交換したので、約3か月の寿命ですね。

 WX5は、プラスティックのリードなんですが、やっぱり使っていると、疲れてくるみたいです。
 古くなって外したのを見ても、特別薄くなっているとか、傷ついているとかではないんですが、ビブラートの反応が悪くなってくるような気がします。

 Sakeyは、マウスピースを2つ使っていて、使い終わったら、もう一個の方に取り替え、外した方は水洗いして次まで自然乾燥させています。 
 きょうも、両方いっぺんに取り替えたので、実質1か月半ということです。

 写真に黒いリードがたくさん写っていますが、そうなんです。2月に10枚まとめて買ったんです。

 実は、リードだけ買ったのは、これが初めて。
 それまでは、リード付きマウスピースを買って、マウスピースごと交換していました。

 理由は、単純。
 楽器通販と言えばサウンドハウスのサウンドハウスのページに、リードだけというのがないからなんです。

 リード付きマウスピースだと1個600円。
 おまけに、マウスピースを交換するときに、パッチも貼るので、これが150円くらいの出費になります。
 パッチというのは、マウスピースの上の歯側に貼る、クッション役の透明なシールみたいなものです。
 写真の右端のマウスピースにくっついてるのが、見えると思います。
 Sakeyは、ヤマハ製、Mサイズで厚さ0.5mmのを使っています。

 リードだけだと、近所のヤマハショップで、1枚378円でした。

 何を隠そう、Sakeyは、大変な面倒くさがり屋。
 面倒なことは一切やりたくない人間なのです。


 それで、サウンドハウスで通販して 、マウスピースごと交換していたのですが、お金のこともさることながら、どこも悪くないマウスピースを捨てるのは、さすがにエコじゃないなと反省して、車で10分ほどのヤマハショップ  に注文して、取りに行ったのでした。

 で、やっぱり面倒くさいので、まとめて10枚買った次第です。へへへ・・・。

 WX5ユーザーの皆さんは、どうしてますか?
 おもしろい話があったら、教えてください。

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : WX5

12:19  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.19 (Sun)

よく裏返ります Bari Sax!

 こんにちは!
 Sakeyです。今日もよろしく。

 また、新しい音色で演奏した "Amazing Grace"をアップします。

 "Bari Sax!"
 バリトンサックスですね。

 VL70-m
の音って、一般的に、ほどほどに低い音の方が、密度のようなものが感じられて、良いような気がします。
 この音色も、まずまずじゃないかって、思います。
 5-8小節目の高音部は、気が抜けたような感じですけれど・・・。

 VL70-mは本物の楽器をシミュレーションしているので、ときどき、本物同様に音が裏返る(出したい音の、オクターブ上の音が出る) ことがあります。
 この音は、特にその発生割合が高いみたいです。

 宅録だとやり直せるからいいですが、人前でいきなり裏返ったら、ショックですよね。
 裏返る音の高さは決まっていますし、どうすれば裏返りやすいかも、なんとなく分かってきました。
 早いフレーズで、タンギングしないで、その音に持って行くと、発生しやすいみたいです。

 だけど、そうしたいときだって、ありますよね。
 どなたか、根本的に抑制する方法を、ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか?
 また、Sakeyの演奏を聴いた感想なども、教えていただければうれしいです。

 下のリンクをクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこで、もう一度クリックすると、曲が始まります。
 ではよろしくお願いします。

 Amazing Grace : Bari Sax! : MP3, 817KB

 Sakeyは、いま、菅原紗由理さんのミニアルバムを聴いています。
 つい最近、CDショップに行ったら、「某ダウンロードサイトで1位の新人」というような宣伝をしていたので、買ってみました。
 たしかに素敵な歌声。将来性感じます。
 オフィシャルサイトで、PVを公開しています。ぜひどうぞ。

 菅原紗由理 オフィシャルサイト

キミに贈る歌キミに贈る歌
(2009/04/08)
菅原紗由理FEROS

商品詳細を見る

テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス AmazingGrace

16:05  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.12 (Sun)

どう使いましょう? Harp Alt 2

 おはようございます!
 Sakeyです。

 CUBASE5が届いて、いろいろと試してみたいこともあるのですが、きょうも "Amazing Grace" で、ウィンドシンセの 「キモチいい音さがし」です。

 音色は、"Harp Alt 2"
 リストブックの説明は、「別の加工を施したサックス音色です。」??
 何のことか分かりませんが、"Harp Alto"というのがその前にありまして、
 「強く加工したサックス音色です。ハーモニカのようなフォルマントを持っています。」

 たしかに、ハーモニカの郷愁ただよう空気を感じさせることもありますが、
 「どこがサックスよっ!」  と感じなくもありません。
 Sakeyの場合、キモチ良ければサックスでなくてもいいんですけどね。

 低音から高音まで無理なく鳴る感じで、何よりバッキングに負けない、「目立つ」 ところが特長かな、と思います。

 問題は、どういうところで、この音を使うか?
 Sakeyのいまのレパートリーだと、あんまり出番ないかなーー、って感じです。

 皆さんからも感想を教えていただければ、うれしいです。

 下のリンクをクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると、演奏が始まります。

Amazing Grace : Harp Alt 2 : MP3,  825KB

 CUBASE Studio 4 では、MP3ファイルに書き出すことができませんでしたが、今度からできるようになったので、今まで変換に使っていた "MAGIX Ultimate MP3" というソフトとはお別れです。
 また、ビットレート、いままでの128kBitを160kBitにアップしたので、ファイルサイズが1MBくらいになってしまいました。Sakeyの家のADSLだと、ダウンロードしても、そんなにストレスないのですが、いかがでしょうか?
 (お詫び) 無料HPにつき、1MBを超えるとエラーがでるみたいです。128kBitの800KB程度に戻します。

 いま、Sakeyは、インターネットラジオを聴いています。
 "Care Fit WEB STATION Kizzna" の5チャンネル、「伊藤サチコのテイク・イット・イージー」という番組です。
 伊藤さんの歌声って、Sakeyの心の波長に合う感じ。毎回聴いています。
 今日の番組の最初で流れていたのは、「夢の途中」。
 下のアルバムに入っています。ぜひ聴いてみてください。

三日月の夜三日月の夜
(2005/10/19)
伊藤サチコ

商品詳細を見る

テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス AmazingGrace

08:16  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.11 (Sat)

インストールしました CUBASE 5

cubase5

 おはようございます!
 Sakeyです。今日もよろしくお願いします。

 「注文が殺到していて、ドイツから取り寄せてお届けするのが、当初お知らせしていたよりも遅れます。すみません。」
 とメールをもらっていた、CUBASE5 (STUDIO4からのアップグレード)が届きました。

 届いた日は疲れていたので、次の朝、早起きしてインストール。
 インストールは、簡単!
 ただ、ハリオン・シンフォニック・オーケストラというソフトの評価版も入れたので、かなり時間がかかりました。
 
 起動しました。
 今までのStudio4で作ったファイルを開きました。

 ん?
 オーディオ入力デバイスが未接続というエラーがでます。
 ま、Sakeyは、ウィンドシンセしか接続していないので、簡単に直せるからいいんですけどね。曲を開くたびに、こうなります。 
 どうして? Sakeyだけかな?

 ファイルを開くと、画面はちょっと色が変わったかな? というだけで、今までと同じ。悩まなくてすみます。
 エラーがでる以外は、STUDIO4のデータがそのまま引き継がれ、録音・再生、今までどおりです。
 バージョンアップなので、当たり前なのですが、やっぱりホッとします。

 まだ数時間しか使っていませんが、

 プラグインエフェクトがSTUDIO版より種類多いので、ウィンドシンセのパートに、ダイナミクス系のを、いろいろと試して遊んでいます。

 VSTインストゥルメントの種類がSTUDIO版より多いので、"Amazing Grace"のピアノ伴奏の音を差し替えたりして、遊んでいます。

 リアルな音場を再現できるというリバーブの、"REVerence" が新搭載されたので、マスタートラックに掛けていろいろ試しています。

 オーディオのピッチ修正ができるという目玉の新機能 "VariAudio"ですが、ウィンドシンセの音に試してみました。簡単に、MIDIのピアノロールみたいな音程データを表示させることができましたが、吹いているのに表示してくれない音もありました。Sakeyが使い方をよく知らないだけだと思いますが。

 STUDIO版には付いてこなかった厚いマニュアルもありますので、なるべく読むようにしたいと思います。

 では、また。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : CUBASE

10:02  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.04 (Sat)

しっとり、いい感じ Soft Reed

 こんにちは!
 Sakeyです。

 今日もまた、"Amazing Grace" を録音したものを、アップします。

 音色は、"Soft Reed"
 リストブックの説明は、「オーボエとソプラノサックスをミックスしたような音色ですが、そのどちらにもない雰囲気を持っています。」

 わたしは、しっとりとした感じがいいと思います。
 気に入ってしまって、いろんな曲を吹きまくっています。

 皆さんの感想はどうでしょうか?
 どんなことでもいいので、感想をコメントしていただくとうれしいです。


 ソフトな音色にもかかわらず、いつもどおり、ひずませています。
 低音のファズをちょうどいい具合にすると、高音には掛からなくなります。
 今日はそのままにして、一番高い「ソーーーーー」のところで、ひずんでいるのは、グロウル です。

 下のリンクをクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると音楽が始まります。よろしくお願いします。

 Amazing Grace, "Soft Reed", MP3,  824KB

 Sakeyは、いま、「アルト・サックスのしらべ 極上クラシック編」の、模範演奏CDを聴いています。
 たまには、クラシックもいいですね!
 最近買ったばかりで、まだ練習していません。
 全部ピアノ伴奏です。難しい曲は、めちゃめちゃ難しそうです。
 おいおい、簡単そうな曲からトライしようと思っています。

アルト・サックスのしらべ 極上クラシック編(CD2枚付き)アルト・サックスのしらべ 極上クラシック編(CD2枚付き)
(2009/03/19)
板東 邦宣

商品詳細を見る

テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス AmazingGrace

12:47  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.02 (Thu)

アドリブ練習のスタート

 おはようございます!
 Sakeyです。

 4月になりました。
 出会いと別れ、そしていろんな新しいことの始まるシーズンです。

 Sakeyは、4月からウィンドシンセでアドリブの練習を始めることにしました。
 Sakeyはジャズバンドでピアノとベースをやっていたことがあって、ジャズの楽しさが好きです。
 ヘタではありますが、もちろんアドリブもしていました。

 コルトレーン なんか聴きながら、自分もこんなふうに・・・・、とイメージばっかり広がるのですが、なにぶん、ウィンドシンセは初心者。
 スケールの練習とか、世界の名曲を譜面を見て演奏する練習をしながら、音選びに苦心したりしています。

 それはそれで当分続くのですが、これからは、毎日ちょっとずつ、プレイ・アロングCDに合わせて、ジャズブルースのアドリブ練習をします。
 アドリブなので、気負わずに、ちょっとずつ、かっこいいフレーズを探していこうと思います。

 きのう、さっそく初トライしてみましたが、
 「うーーーーん、先は長いなーーーー」 ってところです。

 いつかこのブログにアップできるようにがんばります。

 練習用に、下の本を買いました。
 いろんなパターンのブルースのバッキングが12曲入ったCDが付いていて、楽しそうです。

 ちなみに、「アドリブ」は、欧米ではインプロビゼーションというのが一般的です。では、また。


CD付 ラーモンリッカー/インプロシリーズ2 ブルースCD付 ラーモンリッカー/インプロシリーズ2 ブルース
(2000/11/13)
ラーモン・リッカー

商品詳細を見る

テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : JAZZ

07:03  |  練習  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |