FC2ブログ

2009.02.27 (Fri)

わりと好きな感じ Tenor Sax!

 おはようございます Sakeyです。

 きょうもウィンドシンセの音探しです。
 音色は、"Tenor Sax!"

 VL70のリストブックの説明は、「テナーサックスのシミュレーションです。」 
 って、もうちょっと何か書いてよ、ヤマハさん。
 VL70で、音色名の後ろにビックリマーク が付いているのは、ナマ楽器のシミュレーションという意味です。

 Sakeyとしては、力強く、張りのある感じが、わりと好きです。
 ロックやポップ系向きかな?

 カキカキッとした堅い感じがしませんか?

 この音色に限らず、どうしてもVLは音が細い感じなので、バックの音楽と合わせたときに、負けないようにイコライザで高音を持ち上げて、輪郭をはっきりとさせたくなっちゃいます。
 その時に、堅い、機械的、ノイジーな感じが強くなりますね。
 それは、それとして受け止めて、VLならではの音作りをするんでしょうけど、難しいな。

 では、きょうの "Amazing Grace" は、どうでしょうか。

 どんなことでもいいので、聴いた感想を教えてください。

 下のリンクをクリックするとSakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると、音楽が始まります。
 よろしくお願いします。

 Amazing Grace (Tenor Sax!) MP3 830KB 



 Sakeyは、最近、矢野沙織さんのこのアルバムを好く聴いています。
 今までの矢野さんのアルバムと比べるとしっとりとした曲が多いのですが、矢野さんのサックスが情熱こもった感じ、音色も素敵です。
 ぜひどうぞ!
GLOOMY SUNDAY-Tribute to Billie Holiday-GLOOMY SUNDAY-Tribute to Billie Holiday-
(2008/12/03)
矢野沙織

商品詳細を見る
スポンサーサイト



テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス AmazingGrace

06:14  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.21 (Sat)

思わず Enka !! Tenor Sub

 こんばんは! Sakeyです。
 きょうも、"Amazing Grace"を演奏してみました。
 音色は、"Tenor Sub" です。
 聴いた感想を、教えていただけると、うれしいです。

 まず、VL70に付いてきたリストブックでの音色の説明ですが、
「サブトーンの効いたブルース向きのサックス音色です。」

 うん、なるほど。
 
 でも、ブルースのレパートリーなんて、ないし・・・・、難しいし・・・・

 演歌で、代用ですね。

 森進一さんの 「襟裳岬」 とか、石川さゆりさんの 「天城越え」 とか、ピッタリ、はまる感じ。
 いいですねーー。  ひとり、陶酔の世界。

 Sakeyは、演歌は聴きませんが、中森明菜さんの "艶華 - Enka -" というカバーアルバムは、好きです。新しい演歌の歌い方に挑戦しているんだと思います。オススメ。
   
 ところで、「サブトーン」とは、吉田祥一郎さん著 「脱初心者! 差がつくサックス・テクニック」によれば、
 ・ジャズの奏者がバラード演奏などでよく用いる。
 ・息が漏れているような 「ジュルジュル」 という雑味(バズ)の混じった音
 ・フルトーンが長いキャンディのようなものだとすると、サブトーンは芯のないマシュマロのような感じ
 ・ジャズではサブ・トーンが奏法の基本
 など、などです。
 
 なるほど! 吉田さん、ありがとうございます!
 でも、Sakeyのはウィンドシンセなので、息を漏らしてもサブトーンにはなりません。
 最初からそうなっているプリセットを選ぶか、エディットでブレスノイズをいじるとか、ですね、たぶん。

 では、サブトーンの "Amazing Grace" を聴いてみてください。

 ジュルジュル してるかな?
 どんなことでもいいので、聴いた感想を、教えてください。

 
 下のリンクをクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこで、もう一度クリックすると、音楽が始まります。

 Amazing Grace (Tenor Sub) MP3 852KB



艶華-Enka-(初回盤A)(DVD付)艶華-Enka-(初回盤A)(DVD付)
(2007/06/27)
中森明菜

商品詳細を見る

テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス AmazingGrace

04:14  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.17 (Tue)

アシスタントの"くま"

 やたらと長い文章だけじゃ、せっかく来てくれた方に申し訳ありません。
 やっぱ、画像くらい使わなくちゃ。
 と反省し、とりあえず、左側のプロフィールのところに、画像をアップしてみたSakeyです。

 その写真で、WX5の帽子になっているのが、Sakeyのアシスタントの"くま"です。
 この"くま"は、練習中にちょっと外して、WXを机の上に置くときに、転がったり、リードが机にぶつかったりしないように、「枕」になるのが、役目です。

 こんな感じ。

kuma

 それだけの仕事じゃ物足りないと"くま"が言うので、WXを使っていないときには、マウスピースの保護キャップをした、その上に"くま"をかぶせて、プロフィール写真のようになっています。
(Sakeyは、使っていないときには、ケースに入れずに、ストラップを付けたまま、S字フックに掛けています。)

 "くま"の正体は、100円ショップで105円で売っていた、子供用の「手人形」です。

 子供の手って、小さいのね。。。

 Sakey同様、"くま"も、可愛がってあげてください。

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : WX5

05:50  |  プロフィール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.14 (Sat)

高音がどうかな? Jazz Sax

 おはようございます! Sakeyです。

 今日はまた、VL70-mの別の音色をアップしてみます。

 "Jazz Sax" です。64889.gif
 いつかは、ジャズライブにステージデビューして、アドリブバリバリを目指しているSakeyには、実に魅力的な音色名

 低音のほうは、「たしかに、こんな音のジャズメンもいるなあ~」 って感じの、甘めのサックスです。
 強く吹いたときの、ひずみ具合も、なかなかのもんじゃないかなって、、、、自己満足。

 ところが、 高音が、なんか、鼻が詰まったようなというか、、
 うーーん、チャルメラを連想しちゃいます。rappa

 
 しかも、実音でG3のあたりで、急にトーンが変わるので、G3をまたいだフレーズだと、違和感を感じるのです。

 こんな感じ。(クリックすると音が出ます。)
  Jazz Sax Scale (実音C3からC4) MP3 194KB

 そこで、いつもの "Amazing Grace" ですが、
 中音域-高音域-低音域-中音域、と4小節ずつなのですが、きょうは、中音域でG3まで行かないように、下に短三度移調してみました。

 どんなもんでしょうか?
 低い音のほう、捨てがたい気がするのですが・・・・
 
 ダメだとか、ヘタだとか、こっちの方が好きだとか、、、どんなことでもいいので、通りすがりの皆様、感想をコメントで、お聞かせいただきますよう、お願いいたします。

 下のリンクをクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると、"Amazing Grace" が始まります。
 よろしくお願いします。

 Amazing Grace (Jazz Sax) MP3 829KB

テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス AmazingGrace JAZZ

07:56  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.11 (Wed)

Amazing Grace のこと

 Sakeyの練習曲、"Amazing Grace" について書いてみます。

 選んだ理由は、短くて、良い曲で、著作権が切れているということです。

 ウィキペディアによれば、ジョン・ニュートンさんが1765年に作詞した賛美歌で、作曲者は不詳だそうです。

 カラオケCDも持ってはいるのですが、それを使ってネットにアップしていいかどうか分からないので、打ち込みでピアノ伴奏を作りました。
 打ち込みは最近ご無沙汰しておりまして、Cubaseでは初めてです。

 音の強さも長さも全部同じの、手抜き作品ですが、HALion One (ハリオンワン、Cubaseに付属のソフト音源) の音の良さに、感心してしまいました。
 音色は、"Acoustic Piano" です。

 コード進行は、ヤマハの 「ぷりんと楽譜」 からダウンロードした、ゴスペル合唱用のピアノ伴奏のを参考にしました。
 編曲は、森乃リコさんです。ありがとうございます。

 次に、わたしの演奏の 「聴きどころ」 ですが、、、、

 全部で16小節ですが、4小節ずつ、「中音域」-「高音域」-「低音域」-「中音域」で演奏しておりまして、全部で3オクターブの範囲をチェックしています。

 最初の「中音域」は、普通に吹いていますが、ベンドアップ (しゃくり上げるような感じ) を多用しています。この時に、音色が変化するように (たいていは割れるような感じ)、音源をいじっています。

 次の「高音域」は、最初、スケール駆け上がりで、音の立ち上がりの早さを確認するのですが、いかんせん、Sakeyの指がうまく回りません。そのうち、上手くなる予定です。
 「高音域」の最後の音、曲中で一番高い音ですが、思いっきり強く吹いています。強く吹くと、音が割れるとか、ひずむような感じ になるように、音源をいじっています。
 本物のサックスで、ファズトーンといっているものを、目指していますが、どうして、どうして・・・・

 次の「低音域」では、最初の「ミソソ---」と「ソ」を伸ばすところで、思いっきりクレッシェンドして、やはり、割れるような感じ にしてみます。
 後は、スタッカート気味に吹いて、アタック感を確かめます。

 最後の「中音域」の2小節目、「ミレドミ---」と「ミ」を伸ばすところで、グロウル (ゴロゴロとした感じ) を掛けています。
 本物のサックスでは、のどを鳴らしながら吹くのだそうですが、Sakeyは、ハイDというキーを運指に使わず、これを押している間は、グロウルが掛かるように設定しています。

 曲の最後の音、「ド-----」を伸ばすときに、変なビブラートが掛かりますが、これは、右手親指の近くにあるピッチベンドホイールを動かすと、自動ビブラートが掛かるように設定して、遊んでいるのです。

 (なお、以上のことは、この先、気まぐれで、どう変わるか分かりません。)

 こんな感じで、いろいろといじっているほかに、装飾音とかも掛けまくりで、音楽的ではないのですが、Sakeyはいろいろと実験して、早く自分の音を決めて、後は練習に専念したいと思っています。
 どうかこれに懲りずに、どんなことでもいいので、聴いた感想をコメントいただきますように、お願いします。

 "Amazing Grace" は、いろんなアーティストが、いろんなスタイルで発表しています。

 Sakeyの一番のお気に入りは、本田美奈子さんの "Amazing Grace" です。
 本田さんは2005年に38歳の若さで惜しくも亡くなったのですが、病気と闘いながらこの曲を歌う姿がTVで放送されていました。よけい心にしみます。

 こちらで、PVを観ることができます。ぜひ、どうぞ。
  Music-PV Style  本田美奈子 Amazing Grace

アメイジング・グレイス (DVD付)アメイジング・グレイス (DVD付)
(2005/10/19)
本田美奈子.

商品詳細を見る
 

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : AmazingGrace

21:04  |  Music  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.09 (Mon)

低音バリバリ? Brt Tenor

 こんばんは! Sakeyです。
 今晩も、「キモチいい音さがし」 です。よろしくお願いします。

 今日の音色は、"Brt Tenor"、音源に付いてきたリストブックの説明は、「明るく張りのあるテナーサックス音色です。ウィンドコントローラーからの演奏に向いています。」
 "ブライト・テナー"ですね。

 これまでは、アルトでしたが、テナーにしてみました。(前回の"Air Sax"は何をもとにしたのか不明)
 といっても、音源がアルトをイメージしたか、テナーをイメージしたかだけの話で、Sakeyのはウィンドシンセですので、違いがありません。
 演奏したい曲の音域で、キモチいい音がするかどうかだけのことです。
 実際、"Amazing Grace"は、同じ音高で演奏しました。

 リストブックにあるように「明るく張りのある」音だと思いましたが、Sakeyはロックやファンクで、低音中心にバリバリとするような音にできるんじゃないかな、と思いました。

 で、イコライザをいじって、さらに硬めにしたつもりです。
 
 吹いたときのアタック感もあるし、高音域も単調な感じはしますが、無理なく演奏できると思います。

 ついでに、どうしても変化に乏しいので、リードを開いたとき (例えばしゃくり上げる時) に、音が割れるようにしてみました。
 
 「ちょっとやりすぎたかなー」 って感じで、"Amazing Grace" には、汚すぎるかもしれませんね。

 「汚すぎて聴いてられないよー」とか、どんなことでもいいので、感想をお聞かせ願えないでしょうか?


 下のリンクをクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこでもう一度クリックすると、ちょっとして演奏が始まります。
 よろしくお願いいたします。

 Amazing Grace (Brt Tenor) MP3 830KB

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス AmazingGrace

21:31  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.05 (Thu)

「ぎあ」さん ありがとう! Air Sax

 こんばんは! 初心者のSakeyです。
 きょうは、2バリエーション、アップしちゃいます。

 音色は、"Air Sax" です。

 "WX5 workbook!" を見ると、Tom Scottさんのアルバムで使われたり、VL70のデモソングにも使われていた音色みたいです。(このページです)
 Tom Scottさんの使い方を聴いてみたいけれど、試聴できるところが見つかりません。残念。

 いい音色ですね~。
 Sakeyのヘタな演奏でお聴かせするのが申し訳ないくらい。

 Sakeyは、4ビートのジャズとかファンクで、ステージデビューして、バリバリと吹くのを目標にしているので、この音色は、使えません。

 でも、たまには、"Amazing Grace" のような、ゆったりとした曲で、たっぷりとエフェクトを掛けるのも、レパートリーとしては、欲しいです。

 ということで、一つめは、VL70のプリセットそのままです。イコライザとコーラス・リバーブを通しただけ。

 もう一つは、"WX5 workbook" の "音づくり実験室" に載っていた「ぎあ」さんのエディットした音色です(このページです)
 これには、管理人のKirinoさんのコメントもあり、お二人のアイディアをもとに、Sakeyもちょっと手を加えて演奏してみました。

 「ぎあ」さんは、女性ボーカルの「ささやくような声」をイメージして、音づくりをしたとのこと。
 ううん、奥の深さに、尻込みしてしまいますね。

 でも、この音色に関しては、変に歪ませたりしないで、プリセットのまんまの方が良いような気もするし・・・
 どうしましょうか?

 自分はこっちの方が好きだとか、Sakeyの演奏がヘタだとか、どんなことでもいいので、感想をお聴かせいただけないでしょうか。

 下のリンク (上がプリセット、 下が「ぎあ」さんのエディット) をクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きます。
 そこで、もう一度クリックしていただくと、音楽が始まります。
 よろしくお願いいたします。

 Amazing Grace ( Air Sax Preset ) MP3 825KB

 Amazing Grace ( Air Sax Edit ) MP3 825KB

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m サックス AmazingGrace

23:03  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.02 (Mon)

ブログのイメチェン

 大尊敬しているKirinoさんのブログ "WX5 workbook Blog" と同じテンプレートを使っていることに、いまごろ気づいて、「いくら何でも、これはあまりに失礼だよなぁ」 ということで、慌ててブログのデザインをいじりまくっているSakeyです。

 といっても、あんまり難しいことはできません。

 トップの写真や、記事の下の五線なんかが、お気に入りなので、テンプレートそのものを、変えたくもありません。

 せいぜい、色を変えてみるとか、そんな感じです。

 なかなか、うまくいかない。 んー、もー、疲れてきたわ。

 センス悪いなあ。

 音楽と同じで、組み合わせとか、バランスとか、全体をコーディネートする、そんな感覚が大事ですね。

 これからも、ちょっとずつ直していきたいと思いますので、きょうのところは、これくらいでご勘弁ください。

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

21:11  |  Web  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.01 (Sun)

楽器たちを紹介します

 アップしている音楽に使用している、「楽器たち」 を紹介します。

 WX5をうまく演奏できるようになるかどうかも分からないので、とりあえず安いものを揃えた感じがあります。

 でもやっていると、すぐに欲が出ます。

 今は、イコライザを、もっと良いのに取り替えようかな~、って、悩んでいます。
 ※2009年4月に取り替えました。その他音源やオーディオインターフェイスなんかも取り替えました。キリがありません。

 接続の仕方や、録音の編集の仕方もよく分かりません。

 下の文章を読んで、「ここが間違っている」とか、「こんなものに取り替えた方がよい」とか、といったことがありましたら、教えていただけないでしょうか?

1 ソプラノサックスみたいな形をしたウィンドコントローラー YAMAHA WX5
 << 専用ケーブルで2へ >>

2 WX5向きに作られたトーン・ジェネレータ YAMAHA VL70-m
 音源を3に交換したので、音は出していません。1に電源を供給すること、1の音量とピッチベンドの状態をモニターすることのために使っています。
 << MIDIケーブルで3へ >>

3 音源モジュール YAMAHA MOTIF-RACK ES
  VA音源方式のプラグインボード、YAMAHA PLG150-VLを2枚装着
 << 楽器用アンバランス・ケーブル(LR2本)で4へ >>

4 9バンドのグラフィック・イコライザ BEHRINGER MINI FBQ (FBQ 800)
  30バンドのデジタル・グラフィック・イコライザ ALESIS DEQ830

 << オーディオ用バランス・ケーブル(LR2本)で5へ >>

5 2エンジン搭載のエフェクタ tc electronicのM350 (コーラスとリバーブとして使用)
 今年に入ってから、ALESISのNANOVERBが壊れたので、取り替えたばかりです。ぐっと良くなった気がします。
 << オーディオ用バランス・ケーブル(LR2本)で6へ >>

6 10トラックのミキサー (兼) オーディオインターフェースのYAMAHA MW10
 10IN10OUTのオーディオインターフェイス、EDIROLの UA-101

10トラックありますが、ウィンドシンセで2トラック使っているだけです。
 << USBで7へ >>

7 NECの平凡なデスクトップパソコン (WindowsXP) にインストールした steinberg のDAWソフト CUBASE5 Cubase Studio 4で伴奏と演奏を録音。
 伴奏は曲集についているカラオケCDをCubaseに読み込むか(問題なし)、主にYAMAHAの音楽データショップからダウンロードしたMIDIデータを専用ソフト(ミッドラジオプレイヤー)で再生させて録音しています(ノイズ多いです)。 →11番のノーパソからデジタルアウトさせるようにしたので、ノイズ減りました。
 このブログにアップしている"Amazing Grace"の伴奏だけは、著作権の関係で、自分でCubaseにMIDI入力し、付属のソフト音源 HALion で演奏させています。
 (※ 2009年4月に、Cubase5にアップグレードしました。)

8 ブログにアップしている曲は、Cubaseで44.1kHz, 16bitでWAVEファイルに書き出したものを、MAGIX Ultimate MP3という電器屋さんで適当に見つけたソフトでMP3ファイル(96または128kBit) に変換しています。
 (※ CUBASE5になってからは、cubaseから直接128kBitのMP3ファイルを書き出しています。)
Cubaseで再生や書き出すときには、リミッタなどのダイナミクス系のエフェクトを掛けたり、掛けなかったりします。プリセットの中から、適当に選んで試行錯誤しています。

9 モニター環境ですが、大きな音を出せるお家じゃないので、練習する時や聴き返す時は、ヘッドフォンをかぶっています。audio-technica の ATH -A900 というもので、6につなぎます。

10 ヘッドフォンをしていない時は、6につながっている、ELECOMのちっちゃい 「木のスピーカー」 (MS-76MA)から音を出しています。あんがい良い音がします。ネット上の音楽は、これで普通に聴いています。
HS50Mから音を出しています。

11 モニタースピーカーを1個 持っています。 YAMAHA のHS50Mです。空気でもモニターしなければいけないと思い、どうせVL70は、モノラルみたいなものだということで、1個だけ買ったのです。たまにしか使いません。もう1個買って、木のスピーカーと交換するか、考え中です。
 ※2009年5月にもう1個買って、木のスピーカーと交換しました。

12 音楽CD などは、パイオニアのコンポで聴いています。もう10年以上の、お付き合いです。レンタルしたCDは、ミュージックプレイヤー専用のノートパソコンに全部録音します。Windows Media Playerを使っています。BEHRINGERの一番安いオーディオ・インターフェイスを間に入れて、コンポにつないでいます。このノーパソ、Eee PC 901ですが、ハードディスクがありません。バッファローのポータブル・ハードディスクをつないでいますが、どちらも音が静かで、ミュージックプレイヤーにするには、最適です。

13 iPod nano に練習中の曲の原曲や模範演奏、ジャズサックスの名盤などを入れて、マイカー通勤中に聴いています。たまに、自分の演奏を聴いて確認したりもします。
 ※マイカー通勤でなくなったので、聴ける時間が減ってしまいました。

14 コンプ FMR Audio社 RNC1773 を購入、テストしましたが、2009年末現在、外した状態になっています。

15 MIDIの結線のために、YAMAHAのMIDIジャンクション・コントローラ MJC8 を使っています。

16 そのほかに、シンセサイザー1台、電子ピアノ1台、クラシックギター1本(全部YAMAHA)などもありますが、最近はさわっていません。※ギターは、錆びやカビが発生しない程度に、たまにいじるように心がけています。

 (お断り) 2009年2月13日に、一部訂正しました。
       2009年4月12日に、また一部訂正しました。

       2009年5月24日にも、一部訂正しました。
       2009年6月14日にも訂正しました。グチャグチャになってきました。すみません。
       2009年12月30日、年末にあたり、また訂正させていただきました。

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : VL70-m PLG150-VL MOTIF-RACK WX5 M350 DEQ830 UA-101 HS50M

10:57  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |