FC2ブログ

2010.07.30 (Fri)

パフォーマンス・モード第2作 Nz Flute

 こんばんは!
 きょうは、夏休みだったSakeyです~♪

 最近、MOTIF-RACK ESの機能である、音を4つまで重ねられるパフォーマンス・モードの音づくりのチャレンジを始めたのですが、なかなか大変です。

 きょうの音だと3つ重ねているのですが、パフォーマンスと、元になる3つのボイス・モードを、そのたびに行き来しなければならず、PCのエディタを使っていないこともあって、とても面倒です。
 でも、それなりの効果もあるかなと思って、試行錯誤して、第2弾を作ってみました。

 音は、フルートです。フルート

 パフォーマンスの第1弾が静かな曲用でしたので(こんな音です)、こちらは、ジャズ、ポップス、ワールド系なんかに使いたいというコンセプトで、やってみました。

 VA音源のノイズ多めのフルート音(Nz Flute)を核にして、同じくVA音源のクラシック系のフルート音(C Flute)を加えて、ちょっと腰を重くしたつもりです。

 それに、前々回の記事で試した、MOTIF-RACK ES内蔵のサンプリング系のフルート音、強く吹くと頭のところが、ひっくり返ったようなヒョーという音が付くのですが(こんな音です)ヒョーのところだけ頂戴して、それもフットスイッチを踏んだときだけ鳴るようにしてみました。
 きょうのサンプル曲では、最初の4つの音を始め、たくさんの箇所で踏んでます。
 狙いは、アグレッシブなフルートですが、なにしろ、初心者のやっていることですので・・・

 それと、低い音域で、音程が悪いような気がするのですが、本物のフルートもそうなんでしょうか

 では、きょうもサンプル曲は、季節はずれの"Silent Night"です。
 下のリンクをクリックするとSakeyの別のサイトが開きますので、そこでもう一度クリックすると曲が始まります。(MP3、930MB)
 下の画像の岡さんのテナー・サックスの曲集の楽譜を見ながら、演奏しました。
 岡さん、どうもありがとうございます。

Silent Night : Nz Flute 


テナー・サックスのしらべ(CD2枚付き)テナー・サックスのしらべ(CD2枚付き)
(2007/09/20)
岡 淳

商品詳細を見る


スポンサーサイト



テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : MOTIF-RACK PLG150-VL フルート SilentNight

18:34  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.17 (Sat)

MOTIF-RACK ES 本体内蔵のフルート音を試す

 おはようございます。
 Sakeyです。

 昨年11月にMOTIF-RACK ESを購入して以来、ほとんど聴くことのなかった、本体内蔵音を試してみました。
 いつもは、この音源モジュールに挿入している、ヤマハのPLG150-VLというVA音源(バーチャル・アコースティック、物理モデル)方式のプラグインボードで音を出しています。

 本体の音は、ヤマハでAWM2といっているサンプリング、PCM系の音源方式です。
 本物の楽器の良いところを録音しているので、きっといい音がするだろうと期待される反面、ワンパターンというか、変化に乏しいことが予想されます。

 まず、持続音をコントロールできなければ、ウィンドシンセをやっている意味がありません。
 いつものVA音源を鳴らすようにWX5を吹いても、最初の強弱は付きますが、その後強くしたり、弱くしたりできません。
 これは、WX5のディップスイッチの1-2というのを、"ON"にすると、ウィンドデータをMIDIデータであるエクスプレッションとして出力するようになりますので、これで解決です。
 しかし、変化の幅が狭いというか、すぐに変わってしまって、いつもよりは、やりにくい感じがします。

 はい、ではまず、手始めに試したのは、フルートの音です。フルート

 残念ながら、そんなに種類が多くありません。
 中で選んだのが、"Sweet Flute"

 強く吹くと、立ち上がり、ヒョー、といった感じの、発振したような倍音が発生します。
 これは、フルートでは、何という奏法なんでしょうか?
 どなたか、教えていただけませんか?

 とにかく、ところどころで決めると、絶対にキモチいいな~と思って、選んでみました。

 では、季節はずれの、"Silent Night"を、この音で吹いてみたのを、アップします。
 "ヒョー"音は、ベロシティが111以上だと発生するようになっているのですが、なかなかコントロールが難しく、思い通りに発生させることが出来ません。
 また、もーちょと、"ヒョー"の長さがあっても、良いような気がしますが、直し方わかりません。

 ビブラートも、いい感じですが、サンプリングですので、増やすことはできても、掛けないことは出来ないんでしょうね、きっと。

 演奏してみた感想としては、素材としては使えても、これで音楽として1曲通すのは、無理だな~ というところです。
 ま、よろしければ、お笑いのネタに聴いてみてください。
 下のリンクをクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きますので、そこでもう一度クリックすると曲が始まります。(MP3ファイル、931KB)

Silent Night : Sweet Flute
 

 すべての記事に画像を入れるように心がけておりまして、記事を書きながら聴いているCDを載せておきます。
 ジャズの世界では超定番なアルバムです。

バードランドの夜 Vol.2バードランドの夜 Vol.2
(2009/06/10)
アート・ブレイキー

商品詳細を見る


テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : MOTIF-RACK フルート SilentNight

11:46  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.03 (Sat)

初めてのパフォーマンス・モード C Flute

 おはようございます。
 Sakeyです。

 ひさしぶりの、「キモチいい音さがし」です。
 
 昨年後半に導入した新音源、MOTIF-RACK ES
 購入の大きな理由の一つ、パフォーマンス・モードというのがあります。
 音を4つまで重ねられるのです。
 うち、プラグインボードの音は、2つまでという条件があります。

 買ったときから、これはぜひ使いたいモードだったのですが、元となる(シングル)ボイス・モードの音を整備することが先決です。
 ここに来て、使いたい音をひととおり、シングル・ボイスにセットし終わったかな~(36種類ですが)、と思ったので、ついにパフォーマンス・モードでの、音づくりにチャレンジを始めました。

 第一弾は、フルートです。フルート


 フルートに関しては、"Nz Flute"(ノイズ成分の多いフルート音)を気に入って、これ一本で使ってきました。
 今でも、乾いたキャラが、なかなかいい感じだと思います。

 しかし、最近、ピアノの先生とのコラボを始めたSakey、クラシックなど、静かな部分では、やっぱりノイズが邪魔な場面も、多々あります。
 静かな曲用ということで、もう一つ、"C Flute"を選んでみました。
 旧音源VL70-mのリストブックの説明では、この音は、「フルートのシミュレーション」とあるだけで、なぜ"C"なのかは、不明です。クラシックかもしれませんけど・・・

 さて、パフォーマンス・モードなので、"Nz Flute"を3分の1くらいの音量で重ねてみました。
 そして、ピッチを若干ずらし、自動でかかるビブラートのスピードを変えてみたりしています。
 重ねて厚くするというよりは、複雑なウネリ のようなものが表現できないかと思ったのですが、うまくいっていません。
 
 予想外のメリットとして、"C Flute"は、けっこう強く吹かないと音が出始めないのですが、"Nz Flute"はそんなことはありません。
 すごく弱く吹いたときには、"Nz Flute"だけが、鳴ってくれます。
 クラシック系は、やっぱりダイナミクスが必要なので、これは助かりました。

 まだ2つしか重ねていないのですが、この先、MOTIF-RACK本体内蔵の、たとえばストリングス音 ヴァイオリンなんかを重ねておいて、効果音的にスイッチを踏めば、ストリングスも発音するとか、そういったことにチャレンジしたいと思っています。

 では、きょうのサンプル曲は、"Silent Night" (きよしこの夜)
 季節はずれですが、昨年末に"Nz Flute"で、この曲を試していたので、比較のためということで・・・・

 下のリンク をクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きますので、そこでもう一度クリックすると、曲が始まります。MP3で、1メガ弱のサイズです。

Silent Night : C Flute

 比較のために、シングル・ボイス・モードの"Nz Flute"は、下のリンク です。

Silent Night : Nz Flute

 感想など、教えていただければ、うれしいです。


 いま、Sakeyは、植村花菜さんのCDを聴きながら書いています。
 TSUTAYADISCASといって、毎月8枚まで郵送でレンタルできるサービスを利用しているのですが、人気のあるものは、忘れたことに届いたりします。
 ボーカルのキャラが、Sakey好みで、気に入ってます。

わたしのかけらたち (DVD付)わたしのかけらたち (DVD付)
(2010/03/10)
植村花菜

商品詳細を見る



テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : MOTIF-RACK フルート SilentNight

10:19  |  キモチいい音さがし  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.05 (Sat)

WX5で、BRASS2.0 を試す




 おはようございます。
 Sakeyです。今日もよろしく!

 Arturia社のソフトシンセ、"BRASS" のバージョン2.0が出たので、デモ版WX5で試してみました。
 "BRASS"は、Sakeyの使っている音源、YAMAHAのプラグインボードPLG150-VL と同じ、物理モデル方式です。
 音色は、トランペット、トロンボーントロンボーン2、サックスの3つのカテゴリがあって、それぞれに20から30くらいの音色がプリセットされています。

 ソフトシンセは、前にも、SaxLab2HALionOneM1 Leを試していて(この記事です)、正直期待してはいないのですが、理想は重たい機材一式を持ち運ぶよりは、ノートPCひとつで身軽に出かけたいので、やっぱり興味はあります。

 結論を先に言いますと、今の音源より、キモチいい音がするとは思えないので、買いません。

 しかし、トランペットとトロンボーンは、軽く動作するので、リアルタイムで使える可能性があります。
 以前試したソフト音源は、WX5の息を吹き込むと、CPUの能力オーバーで、バリバリ とノイズばっかり発生して、やる気を失います。

 SakeyのPCが、今となっては時代遅れ(WindowsXP、ペンティアム4、メモリー2ギガ) なせいもありますが、WX5を普通に吹くと、めちゃめちゃたくさんのMIDIデータを発生するので、こうなるんだろうと思います。

 それと比べると、これはストレスなく使えます。

 ところが、これがサックスになると、途端に重くてどうにもなりません。
 いろんな設定が可能なので、MIDIデータをあまり送らないようにするとか、工夫の余地はあるのでしょうが、サックスの音も、どうも変なので、試していません。

 研究すれば、WX5でも十分使えそうですが、EWIだとさらに専用の設定項目なんかがあって、良いんじゃないでしょうか? EWI USBとの特別バンドル版が発売されているくらいですからね。

 ソフト音源が希望の方、ハイスペックのPCをお持ちの方、お金を節約したい方だったら、試す価値あると思います。

 デモ版の使用期限が今日までなので、Sakeyは、今日で"BRASS"とお別れですが、せっかく仲良くなったので、3つの音色で、"Amazing Grace" を吹いたものをアップします。
 なお、どの音色も、まともな演奏ではないのですが、Sakeyの研究不足、PCの能力不足、演奏技術の未熟が原因であって、けっして"BRASS"を否定するために、アップするのではありません。
 興味のある方は、上の動画をご覧になるとか、ご自身でデモ版を使うのがよろしいと思います。

 まず、トロンボーンの中から、"Mellow Bone"
 ちょっと油断すると、全部スライド気味になって、調整が難しいです。
 音は、まあまあじゃないでしょうか?
 下のリンクです。
Amazing Grace : Mellow Bone


 二つ目は、トランペットのカテゴリから、フリューゲルホルン
 トランペットで気に入ったのがなかったので、この楽器になりました。
 なぜか途中から原因不明のボリュームダウンで、残念です。
 下のリンクです。
Amazing Grace : Flugelhornish


 最後が、問題のサックス。
 "Init Sax"という名前ですが、初期設定の標準的な、という意味でしょうか?
 ま、中で一番まともなのを選んだつもりですが、とにかく重くて、CUBASEの動きまで遅くなるので、タイミング合っていません。
 そのせいか、音程もおかしいです。
 ま、悪い見本ということで、下のリンクです。
Amazing Grace : Init Sax

 なお、"BRASS"本体にはリバーブなどのエフェクト機能はないので、各音色とも、CUBASEのプラグインで、かなり派手にエフェクトをかけています。
 ご検討の方の、ちょっとでも参考になればと思います。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : AmazingGrace サックス トランペット トロンボーン ソフトシンセ

06:12  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.30 (Sun)

リコーダーでバッハを吹く




 おはようございます!
 Sakeyです。

 久しぶりの「キモチいい音さがし」
 今日は、リコーダーです。

 前作のオカリナと、似ています。
 やっている自分でも、いきなり聴かされたら、判別できる自信がありません。

 とりあえず、オカリナは癒し系、リコーダーはクラシックで、キモチだけは気品高くと、使い分けようと思っています。

 本来であれば、以前のこの記事に書いた、曲名不明のテレマンの曲を吹きたいのですが、耳コピで伴奏を打ち込むのも大変だなと思って、今回は、下の画像の板東さんの曲集の1曲目、バッハ「目覚めよと呼ぶ声あり」 に合わせて、音色をセットしました。
 板東さんの曲集は、ピアノ伴奏に、アルトサックスです。
 
 アルトのところをリコーダーで演奏したのですが、なかなかの出来映えじゃないかと、自分だけで思っています。
 どういう曲かということに関しては、上の動画をごらんいただければ、フルートとギターでお楽しみいただけます。

 テレマンの曲も、引き続き捜索中です。ご存じの方、教えてください。

 きょうのサンプル曲は、また別の曲で、バッハのリュート組曲第1番から、「ブーレ」という曲です。
 Sakeyもちょっとやるんですが、クラシックギターの世界では、定番曲です。
 ギターで弾くと、下の動画のようになります。
 サンプル曲は、上のパートをリコーダーで、下のパートを同じ音源のクラリネット音で、CUBASEを使って重ね録りしたものです。

 下のリンク をクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きますので、そこでもう一度クリックすると曲が始まるようになっています。

バッハのブーレ : Sakey演奏



アルト・サックスのしらべ 極上クラシック編(CD2枚付き)アルト・サックスのしらべ 極上クラシック編(CD2枚付き)
(2009/03/19)
板東 邦宣

商品詳細を見る






テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : MOTIF-RACK WX5 PLG150-VL CLASSIC リコーダー

05:51  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT