FC2ブログ

2010.06.26 (Sat)

WX5完全運指表

サックス&ブラス・マガジン アルト・サックス 史上最強のフィンガリング・エクササイズ (CD付き)サックス&ブラス・マガジン アルト・サックス 史上最強のフィンガリング・エクササイズ (CD付き)
(2010/06/15)
板東 邦宣

商品詳細を見る



 おはようございます。
 きのう旅先で食べ過ぎたせいか、お腹が不調気味のSakeyです。

 板東さん著のフィンガリング・エクササイズの本が出版されたので、さっそく買いました。
 Sakeyの愛用しているWX5と、アルトサックスでは、そもそも運指が違うのですが、板東さんの演奏に憧れるのと、フィンガリングへの考え方は参考になるだろうというのと、エクササイズの譜面 を練習できることには変わりないだろうと思ってのことです。
 譜面のほうは、毎日の練習に少しずつ加えることにして、地道に進めているところです。

 さて、この本を読んで思ったのは、運指について、あんまり考えていなかったな~、ということです。
 WX5付属のマニュアルにも、基本的な運指が少し載っているだけなので、最初にそのとおりに覚えたのに加え、WX5にはほぼ全域に有効な、半音上げ、半音下げ、全音下げのキーがありますので、これだけで間に合わせてきました。

 しかし、早いフレーズに付いていけない初心者 の悲しさ、特にアルペジオなんて難しいですね。
 そこで、重い腰を上げました。
 すべてのキーのオン・オフの組み合わせに対して、必ず何かの音が出るはずです。
 実践にどの程度役に立つのか不明ですが、とりあえず、あり得る運指を全部調べてみました。
 調べ方は自分で吹いて音を確認し、エクセルに記録していくという原始的な方法。

 しかし、1日で完成しました。
 完成したのは、名付けて「完全運指表」!
 下の画像になります。(見たい方は画像をクリック!)

WX5運指表

 例えばですが、G(ソ)は普通、左手の人・中・薬指の3カ所押さえるのですが、完全運指表のの一番上にあるように、人差し指を離してものままだということに気付きました。
 なので、その上のC(ド)と、ソドソドソドー とやるようなときには、は左手中指の1カ所押さえですので、今回発見したの運指を使えば、薬指一本動かせば良いことになり、きっと楽なはずです。
 というようなことを、たくさん発見できるように、ウィンドシンセを吹くときには、この運指表を手元に置いて、常々考えるようにしたいと思っています。

 興味のある方は、ご活用ください。
 また、運指について良いノウハウなどお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいね!

 きょうの記事は、ここまでです。
 もし完全運指表に興味のある方がいた時のために、追記に補足説明を載せておきます。

スポンサーサイト



テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : WX5

08:53  |  練習  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.30 (Sun)

リコーダーでバッハを吹く




 おはようございます!
 Sakeyです。

 久しぶりの「キモチいい音さがし」
 今日は、リコーダーです。

 前作のオカリナと、似ています。
 やっている自分でも、いきなり聴かされたら、判別できる自信がありません。

 とりあえず、オカリナは癒し系、リコーダーはクラシックで、キモチだけは気品高くと、使い分けようと思っています。

 本来であれば、以前のこの記事に書いた、曲名不明のテレマンの曲を吹きたいのですが、耳コピで伴奏を打ち込むのも大変だなと思って、今回は、下の画像の板東さんの曲集の1曲目、バッハ「目覚めよと呼ぶ声あり」 に合わせて、音色をセットしました。
 板東さんの曲集は、ピアノ伴奏に、アルトサックスです。
 
 アルトのところをリコーダーで演奏したのですが、なかなかの出来映えじゃないかと、自分だけで思っています。
 どういう曲かということに関しては、上の動画をごらんいただければ、フルートとギターでお楽しみいただけます。

 テレマンの曲も、引き続き捜索中です。ご存じの方、教えてください。

 きょうのサンプル曲は、また別の曲で、バッハのリュート組曲第1番から、「ブーレ」という曲です。
 Sakeyもちょっとやるんですが、クラシックギターの世界では、定番曲です。
 ギターで弾くと、下の動画のようになります。
 サンプル曲は、上のパートをリコーダーで、下のパートを同じ音源のクラリネット音で、CUBASEを使って重ね録りしたものです。

 下のリンク をクリックすると、Sakeyの別のサイトが開きますので、そこでもう一度クリックすると曲が始まるようになっています。

バッハのブーレ : Sakey演奏



アルト・サックスのしらべ 極上クラシック編(CD2枚付き)アルト・サックスのしらべ 極上クラシック編(CD2枚付き)
(2009/03/19)
板東 邦宣

商品詳細を見る






テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : MOTIF-RACK WX5 PLG150-VL CLASSIC リコーダー

05:51  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.09 (Sat)

オールC奏法

 おはようございます。
 Sakeyです。

 実はSakey、ウィンドシンセで、「オールC奏法」というのを試していまして、2009年の始めに思い立って始めたことなので、約1年が経過しました。
 まだまだ、未完成で練習途上ではありますが、感想を書いてみます。

 「オールC奏法」とは、その名のとおり、すべての曲をCのキー(ハ長調)、もちろんマイナーならばAm(イ短調)に移調して、演奏するということで、Sakeyの造語ではありますが、きっと世の中には同じことを考えている人もたくさんいると思います。
 
 いうまでもなく、電子楽器ですので、自分はオールCで演奏しても、音源側のスイッチ一つで、出る音を半音単位で上げたり下げたりできるので、すべての曲に対応することが出来ます。

メリットその1
 こんなことを始めたのは、「歌うように演奏したいもんだ」ということです。
 気がついたらSakeyは「移動ド」人間になっていましたので、頭の中の音名と、指で押さえている音名が一致しているというのは、理想的なことです。

メリットその2
 どうしたって、#や♭がたくさんあるのは運指が難しいわけですが、避けることが出来ます。
 ジャズのアドリブレッスンなんかだと、必ずと言っていいほど、「12のキーでスラスラできるように」ということになるのですが、そんな機械的な訓練をしなくて済みます。 
 だからといって、ドレミファソラシドだけ出来ればいいというもんではありません。
 どんな曲にでも、曲中の転調があります。
 今のところ、メジャーだとF、G、D、それにマイナーだとAmの他にCmあたりをよく練習しておけばいいかな? って感じです。
 あと、ポップス系では、盛り上がりに半音上げというのが良くありますので、D♭もちゃんと出来なきゃいけませんが、これに関しても、Sakeyは、WX5では、右小指でD#キーというのを押すと半音上がりますので、これを押さえっぱなしにして、普通のドレミファを吹くという、とことん楽をする奏法で演奏します。

デメリットその1
 いろんなキーの楽譜を、頭の中でC調に移して演奏するので、その訓練が必要です。
 1年間やりましたが、まだまだ、速い曲とか、臨時記号がいっぱい出てくると、頭が対応できません。
 DやB♭だと一つずらし、EやAだと二つずらし、というふうにやっていますので、三つずらしのFとGが一番なじみにくいです。
 FやGは、#と♭が一つで、演奏的には楽なキーなので、こんなことならオールCを止めたくなることもたびたびですが、我慢して続けています。
 だからといって、Cに楽譜を書き直すのも、面倒くさがりのSakeyとしては、やる気ありません。
 ただ、これに関連してカワイの「スコアメーカー」を導入 しましたので、次回の記事で・・・
 
デメリットその2
 アドリブが、ワンパターンになる恐れがあります。
 Sakeyはウィンドシンセ初心者で、ホンモノの管楽器を吹いたことがないのですが、かつてピアノやギターでアドリブした経験からすると、どうしたって、キーによって弾きやすいフレーズというのがあって、それが練習の繰り返しで、手ぐせになって、積み重なっていくんですね。
 だから、このままだと、Cの手ぐせのワンパターンしか出来ていかないかも?
 まあ、Cであっても、まともなアドリブを出来る腕前になってないので、まだそんなことを心配する段階でないんですけどね・・・

 いまは、TSUTAYAからレンタルした、ゴードンさんのサックスを聴きながら、記事を書いてます。
 楽しい3連休を!!


アワ・マン・イン・パリ+2アワ・マン・イン・パリ+2
(2007/06/20)
デクスター・ゴードン

商品詳細を見る

テーマ : サックス ジャンル : 音楽

タグ : WX5 楽譜

06:35  |  練習  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.29 (Tue)

今年最後の買い物 YAMAHA MJC8

MJC8

 おはようございます!
 ようやくお正月休みに入り、ウキウキのSakeyです。

 上の写真、上から2番目の黒くてよく見えない物体が、つい先日、通販で中古を購入したYAMAHAのMJC8です。
 取扱説明書によれば、これは、MIDIジャンクション・コントローラというものです。
 パッチベイとかスルーボックスという呼び方が一般的かと思います。

 なんのために、今ごろ、MIDIパッチベイを買うの?
 という疑問はもっともです。

 実際、今どきパソコンにつながないMIDI機器なんて売ってません。
 中古の良さそうなのをようやく見つけました。
 付属の取説のススケかたに、年代を感じます。
 いったい、いつ頃発売になった物かしら??

 でも、ちゃんと快適に動きますし、おかげで安かったです。

 なぜ必要かですが、、、、

 新しい音源MOTIF-RACKをウィンドコントローラWX5で鳴らすには、MIDIデータをMIDI INに入れます。
 DAWソフトCUBASE5からのMIDIプレイバックのためには、PCからMOTIFMIDI INにデータを送る必要があります。
 すると、そのたびに、MIDI INに挿すケーブルを差し替えなければなりません。

 MIDI再生と自分の演奏を繰り返しながら、「キモチいい音さがし」に励んでいるSakey、これは許せません。

 PCからはUSBで送れば良さそうなものですが、MOTIFは、MIDIデータをMIDI INで受けるか、USBで受けるかを切り替えるためには、いったんエディット中のものをストアして、ユーティリティ・モードに入ってカチカチと操作しなければいけません。
 これも不便。

MJC8_2
 
 
 その点、MJC8があれば、

 上の液晶の画像、「1と2と6番の機械に、3番のウィンドシンセのデータを送って演奏するぞ~」という意味ですが、2番の下の3を1にすれば、2番のMOTIFは1番のPCからのMIDIを受けるようになります。
 液晶の右側にボタンが並んでいるので、3を1にするには2タッチ。
 これで、快適になりました。

 音源がVL70ーmの時には、"WX IN"端子があるので専用ケーブルでつなぎ、裏のMIDI INは、PC専用でOKなので、こんな手間はいらなかったんですね。

 それにしても、今年はいろいろと買ったなあ~

 今ウインドシンセのために使っている物の中で、去年からあったのは、WX5本体とPC本体の2つくらい。
 買っては使い方を覚えるのに苦労し、音色をセットするのに悪戦苦闘した一年だったような気がします。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : MOTIF-RACK WX5 MJC8 MIDI

05:41  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.01 (Sat)

ウィンドシンセな小物入れ



 おはようございます。
 Sakeyです。

 散らかっていますが、上の写真が、Sakeyのウィンドシンセ用の、小物入れ。
 普段は、オーディオ装置なんかを載せている、サイドデスクに置いています。

 中身は4種類。
 バスケットから出しますと・・・・

DSCN0749_convert_20090801065031.jpg

 上の三つは、ヘアバンド
 マウスピースで発生した水滴が、WX5の裏側のオクターブキーとか、ディップスイッチとかに流れて来ないように、マウスピースの下に付けておきます。
 ウィンドシンセでは、定番ですね。
 kirinoさんの "WX5 workbook" に、装着した写真が載っています。  このページです。

 kirinoさんのヘアバンドは、オシャレですね。
 Sakeyのは、6色24個も入って、105円のもの。セリアで買いました。
 
 Sakeyは、カラフルさを狙って、3個一組で装着しています。
 汚れたら交換するように、小物入れに入れていますが、最近は、吹き方が変わったのか、体調に変化があったのか、ヘアバンドがほとんど汚れなくなったので、交換していません。

 上の写真の下半分に写っている、11本の黒い物体は、網戸用の、網押さえゴムです。
 これで、息抜き穴をふさいで、ロングトーンをより長く、というか、一息で吹ける時間を長くすることができます。

 これは、"workbook" にあったkirinoさんの記事を、そのまま真似したものです。  このページです。

 kirinoさんのと、メーカーも同じです。ただ、Sakeyは直径3.5mmのを使っています。
 おかげで、ロングトーンの時間が倍近くに伸びました。
 問題点といえば、おなかに物が入っているときに頑張りすぎると、目まいがしてくることくらいです。

 kirinoさん、どうもありがとうございます。


 残りの2種類は、

DSCN0748_convert_20090801064944.jpg

 マウスピースと、リコーダー用のグリスです。

 マウスピースは、以前の記事で2個ローテーションと書いたことがありますが、今は4個ローテーションです。
 何でもそうですが、やっぱり休養を十分に取った方が、元気で長く活躍できるような気がして・・・・ 

 WXを使い終わったら、新しいマウスピースと交換してからキャップをして仕舞い、外した方は丸ごと水洗いして、小物入れに入れて乾燥させます。

 6とか7とかの数字を書いた「ぷっくりシール」をマウスピースに貼っていますが、何月にリードを交換したのかのマークです。

 あと、オレンジの物体が、YAMAHAのリコーダー用グリス137円で、これはたしか、WX5を買ったときに付属していたものと同じです。
 塗りすぎると、マウスピースがきちんと奥まで入らなくなるので、交換2回に1回くらいの割合で、ほんのちょっとだけ塗ります。
 なので、1個あれば1年は持ちます。

 WX5ユーザの方で、ほかに便利なグッズとか、ご存じの方がいらっしゃいましたら、コメントで教えていただければ、うれしいです。 では、また。

 

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : WX5

06:54  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT