FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.18 (Thu)

フットコントローラー 増殖中!

mfc10

 おはようございます。
 Sakeyです。

 1か月ほど前に、ヤマハのMIDIフットコントローラー MFC10 を導入したという記事(こちら)を書いたばかりです。
 画像のように、MFC10には、12個の壺のようなスイッチと1個のペダルが付いています。
 予想された事態ではありますが、壺を押すには少々力が入るのと、隣の壺との距離が短めで、スムースな操作に難あり。

 ということで、MFC10は4個まで外部のコントローラーを接続できますので、もう4個つないじゃいましたね。
 買ったのは、3つあるスイッチがヤマハのFC5というもの、右端の大きいのがヤマハのボリュームペダルFC7というものです。

 使ってみた感想は、もちろん壺を押すよりは良く、FC7も角度なんかを調整できて、いい感じになっています。
 だいたい足元を見なくても、操作できるようになりつつあります。導入成功といったところです。

 せっかく買ったMFC10の12個の壺は、音色を切り替えるプログラムナンバー送信専用になりつつあります。
 ただ、ペダルは使いますし、これがなければ外部コントローラーの設定も出来ません。
 また、ウィンドコントローラのWX5に電源を供給して、MIDIデータのマージもしています。
 楽器を使っていないときには、たまに足つぼマッサージ代わりにしています。ややキモチいいです。

 難を言いますと、ますます物が増えて、足元がごちゃごちゃです。
 画像は撮影のために引っ張り出してきた状態で、実際の床は、これ以外にもいろんなケーブルが這い回っていて、ひどいことになっています。
 これ以上は接続できないので、増える心配はないのですが、もしかしたら3個目のスイッチをペダルに交換したいかな? なんて思ったりしています。でも置き場所が・・・・

 数字のシールを貼っていますが、ダイソーから買ってきた「ぷっくりシール」というものです。
 左側に何番の外部コントローラなのか、右側に操作するMIDIのコントロールナンバーを貼っています。

 ぷっくりシールは、WX5本体にもいろいろと貼っていて (こちらの記事)、いろんなところでSakeyの良き相棒です。



スポンサーサイト

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : MFC10 FC5 FC7 ぷっくりシール

05:26  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.23 (Sat)

ヤマハ MIDIフットコントローラ MFC10 導入!

 おはようございます。
 Sakeyです。

 前から欲しかった、ヤマハのMIDIフットコントローラ MFC10を買っちゃいました。
 もちろん、ウィンドシンセを演奏するために使うんです。
 いろんな物が増えて、複雑になるのが嫌な気もしますが、ここは是非使いこなして、いろんなウィンドシンセ表現を楽しみたいもんです。

 届いたばかりで、これから、いろいろ試すのですが、

 まず、プログラムチェンジを送れるので便利です。
 Sakeyは、音源のMOTIF-RACKと旧音源のVL70m、それにイコライザのDEQ830、エフェクターのM350の4つの楽器のプログラム番号を、音色ごとに同じ番号にしてセットしているので、いっぺんにチェンジできたら便利です。
 ウィンドコントローラのWX5から送ることもできますが、プログラムチェンジ以外のコントロールデータも送られると、エフェクタが変な動き、例えば、バイパスしたりという問題がありました。
 MFC10があれば、プログラムチェンジはMIDIチャンネル1で全部の楽器に送り、WX5の演奏データは別のMIDIチャンネルでMOTIFだけに送ることができるので、解決しました。

 それは、ともかく、いかに音楽表現に活かすかですが、

 まず、下段左端の1番のスイッチは、ポルタメントに使うことに決めました。
 WX5本体にもポルタメントスイッチは付いているのですが、演奏中にこれを押すのは、至難の業!
 これも、使えるようになりました。
 しかし、今はトランペットの音作りをしているのですが、思ったほど滑らかなポルタメントにはならないみたいです。

 右側のフットコントローラは、とりあえずアフタータッチなことにして、いろんな効果を試しています。
 トランペットの場合は、VA音源のパラメータとして、タンギングというのがありますが、これを上げるとちょっと暗い、こもったような音になりますので、一生懸命ペダルを動かすとワウワウみたいにできます。

 ただ、VA音源のパラメータって、たくさんあるんですが、コントローラが効くものが、実は少ないんです。
 足元も使っていろいろとやるとすれば、MOTIF本体のエフェクタとか、イコライザを動かすことになります。

 例えば今はトランペットなので、地味にやるとすればトレモロで音量のビブラートを掛けてみたり、ちょっと遊ぶとすればフランジャーでミュートっぽい感じにするとかですが・・・・

 まだ、試行錯誤を始めたばっかりです。
 良いノウハウをお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えていただければ、うれしいです。
 

MFC10


テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : MFC10 MIDI

09:16  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.01 (Fri)

2010年の目標

 Sakeyです。
 あけましておめでとうございます!
 2010年も、よろしくお願いします。

 元旦のきょうは、ひどい天気で、外出をあきらめ、この記事を書き終わったら、ウィンドシンセの吹き初めをすることにしました。

 今年の目標を書いてみます。

 テクニックを磨いて、少しレベルの高い曲を演奏できるように、また、アドリブなんかも、もうちょっとまともに表現できるようになりたいもんだと思います。これが、第一。
 新年にあたり、下の画像の小林香織さんのCDを聴きながら、気持ちを盛り上げています。

 音源をもっと勉強して、特にサックス系の「キモチいい音」を追求したいもんだと思います。
 MOTIF-RACK ESと、ブラグインボードPLG150-VLを導入したばかりですが、4つまで音を重ねることができるMOTIFのパフォーマンス・モードでの、音作りに挑戦する予定です。
 あと、フット・コントローラを導入して、ES本体のエフェクトなんかをリアルタイムにコントロールして、キモチいい表現を探りたいです。

 一年に一曲くらいは、作曲したいもんだと思います。
 そもそも、ウィンドシンセを始めようと思い立ったのは、DTMに表現力あるリード演奏を入れたかったからなんです。
 ウィンドシンセの練習や音さがしの段階で止まっていますが、せめて一曲は・・・・

 ネット上、たぶん、MUSIC TRACKに、何曲か、聴くに堪えられるものを発表したいもんだと思います。がんばります。


 訪れていただいた皆さまにとって、2010年が良い年であるように、お祈りします。
 

ゴールデン・ベストゴールデン・ベスト
(2009/03/04)
小林香織上野浩司

商品詳細を見る


テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : PLG150-VL MOTIF-RACK MFC10 作曲

13:47  |  プロフィール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。