FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.11 (Sat)

バイオリンで「G線上のアリア」・・・CurveEQを試す。 

おはようございます! 
いろんなものを試したくなって、ちっともエアロフォンの練習に身が入らないSakeyです。

きょうは、CUBASE9に入っていた、CurveEQというイコライザーを試してみました。
これは、60までEQポイントを作成できてカーブを描くようにEQできるという優れものですが、もうひとつ面白い機能がありまして、それは、お気に入りの曲の周波数分布を、自分の曲に適用できるというものです。
詳しくは、下のsleepfreaksの動画で解説してくれていますが、これを見て思ったのは、「もしかして、バイオリンの先生の模範演奏と同じ音になるのでは??」

本日の、「G線上のアリア」(バッハ)は、山中美知子さんの「ヴァイオリンのしらべ」のカラオケを使っていますが、この曲集には、先生の模範演奏CDも付いています。
さっそく、先生の周波数分布を取り込んで、Sakeyのエアロフォン演奏に適用してみました。

結果は、下の動画のようになりました。
違いは微妙ですが、たしかに少し近づいたのでは? という気がします。
しかし、演奏のまずさは、どうにもしがたく、周波数の問題ではないということが良くわかります。
特に、この曲はテンポがゆっくりなので、息が苦しくて倒れそうになりながら吹いています。
時間がありましたら、その様子を想像しながら、聴いてみていただければと思います。



sleepfreaksの先生、ありがとうございます。


スポンサーサイト

テーマ : YouTube動画 ジャンル : 音楽

タグ : エアロフォン CUBASE CLASSIC

07:23  |  Aerophone演奏曲  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.04 (Sat)

エアロフォンで、HALion Sonic SE2 を試す

おはようございます! Sakeyです。

CUBASEを新しいバージョン9にしたので、搭載されているソフト音源を、エアロフォンで鳴らしてみました。
何種類かあるのですが、今日は、HALion Sonicという音源です。

WX5を使っていた時代にもやりましたので、おそらく無駄と思いつつ・・・、「付いてきたものは使わなければ」という卑しい発想からの出来事です。

しかし、意外なことに、WX5当時と比べると、結構まともに反応します。
ほとんどの音色では、息の量と、音量が、ほどほど比例するみたいです。
問題は、アタックです。

きょうは、木管楽器系を試したのですが、まともにタンギングして吹くと、アタック音が聞こえません。
切らずに吹き込んだまま、音を変えると、アタックがちゃんと出るみたいです。
なので、タンギング禁止、 音が切れた場合は、ちょっと装飾音を前につけて再開すると良さそうです。

ということで、演奏が難しく、ストレスが溜まります。
サンプル曲も、タイミングが合わず、いつもにもまして、ひどい演奏です。
まあでも、音の素材としては豊富で、エアロフォン内蔵のより「いい感じ」のが、たくさんあります。
また、シンセ系の音であれば、十分可能性がありそうな予感がします。

では、サンプル曲は、いつものアメージング・グレイス。
音色は、木管系の中から選んだ4種類。
順番に、
Smooth Alto Sax
Ethnic Flute
Bottle Blow
Expressive Flute という音色です。

下のリンクをクリックすると音が出ます。音量にご注意ください。
どなたか、もっとエアロフォンに合う音源とか、設定の仕方とか、アドバイスいただけると嬉しいです。

HALion テスト木管系,Amazing Grace


テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : エアロフォン AmazingGrace CUBASE

11:21  |  Aerophone演奏曲  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.31 (Sat)

CUBASE 9 導入

おはようございます! Sakeyです。
今年も、もう終わりですね。
時の流ればかりが早く、ウィンドシンセのマスターがちっとも進まないと感じます。

それなのに、またまた、浮気心を出して、CUBASEをアップデートしました。
バージョン5から、新発売のバージョン9です。
調べてみたら、バージョン5はもう7年以上使っていたんですね。
使い慣れていたし、たいした不満もなかったのですが、最新のプラグインなどを使えば、少しは音がよくなるかと思って・・・

パソコンも変えました。
8年使ったWindows XPのデスクトップパソコンで、バージョン5を動かしていました。
XPは、サポートが切れているので、ネットにはつながず、CUBASEやDVD鑑賞専用にしていました。ネットは別のノートパソコンを使っていて、これまたたいした不満もなかったのですが、CUBASE9を動かすには、新しいデスクトップが必要なのでした。

オーディオインターフェースも変えました。
EDIROL の UA-101から、steinberg UR28M です。
まだ使えたかもしれませんが、CUBASEと相性がよさそうなので、前から欲しかったんです。

ということで、この年末は、モノの移動やら、各種設定やら、使い方を覚えるやらで大忙しです。
今日はこれから、大量に発生した段ボールや各種ゴミを、何とか片付けたいと思ってます。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。







テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : CUBASE

07:49  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.12 (Sun)

Da Tube を検証する

DaTubePic

 
 おはようございます。
 Sakeyです。今日もよろしく!

 Sakeyの使っているDAW、CUBASEに入っているエフェクト・プラグインの中に、"Da Tube"というのがあります。
 上の画像のような姿をしています。

CUBASEのマニュアルでは、「"DaTube"は、真空管アンプ特有の温かみとリッチなサウンドを再現します。」ということになっています。
 
 また、下の画像の「攻略BOOK」では、「真空管の質感を再現できるチューブシミュレーター。真空管をドライブさせた時の独特の暖かみと歪み感、艶やかさを原音に加えてくれる。サウンドにアナログ感をプラスしたり、ベースやキックを軽くドライブさせたい時に便利なプラグインだ。」

 ウィンドシンセでライブデビューが目標のSakeyとしては、こういうので音が良くなってもあんまり意味がないのですが、Music Track に 音楽をアップする時なんかは、少しでも良くしたいもの・・・・
 こんな時に、まず第一に試してみるのが、"Da Tube"

 サックス系ではほとんど使っちゃいます。
 最新のアップ曲、フルートフルートでルパンルパンでも、やっぱり使いました。

 Sakeyとしては、音が太く、前に出てくるような感じで、特にバックが賑やかな曲には、「効果有り」と思うのですが、使うということは、何かをつぶして犠牲にしているはず・・・・

 今日は、"Da Tube"を、オン・オフして比べ、効果を検証してみましょう。
 訪問していただいた皆さまにもお聴きいただき、感想などお知らせいただければ、とても嬉しいです。

 下のリンクをクリックすると、音が鳴ります。音量にご注意ください。
 どれも、MP3で400キロバイトくらい、長さは17秒、素材はフルートでルパンからの抜粋です。

バック有り、DaTubeオフ
バック有り、DaTubeオン
バック無し、DaTubeオフ
バック無し、DaTubeオン



 改めて聴いてみると、なかなかビミョーですね??


CUBASE5/CUBASE STUDIO5 攻略BOOKCUBASE5/CUBASE STUDIO5 攻略BOOK
(2009/03/19)
木村 公彦東 哲哉

商品詳細を見る



 

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : CUBASE フルート プラグイン

05:15  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.14 (Sat)

広々画面でCUBASE


ディスプレイ


 おはようございます。
 明日から一泊旅行で、ウキウキ気分のSakeyです。

 しかし旅行費用もかかります。
 こんな時に限って、パソコンのディスプレイが壊れました。
 近くのPCショップで、クイック診断してもらうと、修理には1万円以上と数日が必要な模様・・・

 一日もパソコンを使えないと我慢できないSakeyとしては、その場で新品購入を決断しました。

 さっそく、お手頃価格の国内メーカーのを選んできて、接続すると、これは、なかなかいいですね。

 今までのは、光沢無しタイプの、1280×1024ピクセル(スクエア)。

 新しいのは、光沢有りタイプの、1920×1080ピクセル(ワイド)。

 ずいぶん横に広がりましたね。

 Webブラウザなんかは、最大化していると、サイトによっては文字が横に広がりすぎて、目をカニ カニのようにしなければいけないので、慣れが必要ですが、それ以外は快適です。

 特に、ウィンドシンセ練習のお供であるCUBASE5.5の時は、メインとなるプロジェクトウィンドウを今までの大きさで良しとすれば、右側の隙間にVSTプラグインの設定画面なんかを置いておけるので、見通しが良く、使いやすくなりました。
 上の画像みたいな感じ。
 もっとも、Sakeyの場合は、ほとんど録音機代わりの簡単な使い方しかしていないので、本格的に作曲やミックスの作業をしている人には、いくら広くても足りないんでしょうけどね。

 あと、Webブラウザも、今までの広さで良しとすれば、横にほぼ二つ置けます。
 なので、このブログを書いている今も、右側にプレビュー画面や、絵文字パレットなんかを置きっぱなしに出来て、効率アップです。

 今買うとすれば、こんなの最低限のスペックで、なにも良いのを買ったわけではありません。
 もっと早く買い換えれば良かったかな? とか、もっとハイスペックなのを買えば良かったかな? なんて、思ったりもします。


 

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : CUBASE

10:32  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。