FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.31 (Sun)

使ってます steinberg CC121

CC121

 おはようございます。
 Sakeyです。

 写真の物体は、steinberg社のフィジカルコントローラ、CC121
 狭い机がさらに狭くなりますが、使っています。

 何かというと、Sakeyの使っている同社のCUBASEというDAWの専用コントローラです。
 マウスやキーボードの代わりに、CC121のスイッチやノブでCUBASEを操作できます。

 USBで接続するだけなので簡単に・・・
 と思ったら、購入時なかなかCUBASEがこの機械を認識せず、さんざん苦労しました。
 サポートにメールして、ようやく使えるようになりました。

 使ってみると、なかなか便利なやつです。

 一番お得なのは、マウスやキーボードだと、画面の前面に表示されているウィンドウでなければ操作できないのですが、CC121に割り当てられているものは、それをしなくても操作できます。
 インサートエフェクトの設定なんかのウィンドウを前に出したまま、右下の大きなノブで曲中のポジションを移動したりできます。

 左端はボリュームを調整するフェーダーですが、マウスで動かすよりは、ずっと良いです。
 フェードアウトなんかの時に、リアルタイムでフェーダーを操作して、その動きをCUBASEに記憶させることができるのですが(オートメーション)、マウスだとどうしてもぎこちない曲線になっていたものが、少しは上手になりました。
 
 操作対象のトラックを移動すると、モーター駆動で、画面上のフェーダーの位置に、CC121のフェーダーがピシッと移動して、意味もなく、うれしくなります。

 中央上段に並んでいる黒いノブは、EQ(イコライザ)設定専用です。
 CUBASE画面のEQカーブもちょっと小さい感じで、マウスでいじっていると、どうしても豪快に動かしすぎていたのですが、これだとちょうどいい感じです。

 ただ、Sakeyの場合、CUBASEはウィンドシンセの練習や音作りのお伴ですので、メインの録音・再生・削除といったことは、相変わらず、キーボードのショートカットの方が手っ取り早いです。

 CUBASEを使い倒して音楽制作する人ならいいでしょうが、Sakeyの場合だと、恩恵に比べて、値段が高すぎたような感じはします。



スタインバーグ・ジャパン USBコントローラー CC121 CC121スタインバーグ・ジャパン USBコントローラー CC121 CC121
(2008/09/12)
Steinberg Media Technologies AG/Steinberg Japan

商品詳細を見る
 
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : CUBASE CC121 MIDI

06:16  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。