FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.17 (Sat)

New 開放型ヘッドホン オーテク AD1000


AD1000


 おはようございます!
 知り合いのピアノの先生に伴奏をしてもらえることになり、16曲楽譜を渡して、来週の初練習にむけて特訓モードに入っているSakeyです。

 画像は、Sakeyの新しいヘッドホン、オーディオテクニカの ATH-AD1000
 開放型です。

 以前、検討中の記事を書きましたが(これです)、その後 「サウンド&レコーディング・マガジン」 のヘッドホン特集などを参考にして決めました。
 しかし、買うとなると、やっぱりいろいろと悩みますね。

 悩みつつ、決めたポイントとしては、

・あくまでも、ウィンドシンセ練習用。ミックスとか観賞用は、また後で検討。

・周りの状況によって、現在の密閉型 オーディオテクニカ ATH-A900 と、使い分け。
 依然としてウィンドシンセの音づくりに悪戦苦闘中のSakey としては、そのたびに聞こえ方が違っていたのでは困ります。なので、似たキャラクターのはずの、同じメーカー製品。

・Sakeyは、ヘッドホンは寿命が短いと思っているので、あまり高価なのは買わない。

 では、使ってみた感想を書きます。
 約3週間経ちました。

・ウィンドシンセの音ですが、気に入っている音色はさらにキモチ良く、不満抱えつつ使っている音色はさらにストレス貯まります。
 つまり、性能がA900より、良いんじゃないかしら?

・ウィンドシンセ音にかけている、リバーブやディレイが、聴き取りやすくなりました。

・これでミックスをしてみたところ、Sakeyのスピーカー環境(モニタースピーカーHS50M、オーディオコンポ、カーコンポ)で再生すると、ウィンドシンセ音、特に高音が弱すぎました。
 つまり、このヘッドホン、高音が出過ぎじゃないでしょうか?
 現状では、ミックスは、A900ですることにしました。

・空気感とか、広がりといったことについては、カラオケに合わせてウィンドシンセを吹いている分には、ちょっと遠くから聞こえてくるかな、といった程度です。
 試しに、ちゃんとした音楽のCDを聴きますと、曲によって、「なるほど、これが開放型か!」という感じ方が違いました。

・装着感は、軽くて、肌触りも良いです。ただし、A900のように耳をすっぽりと覆って圧迫する安定感がないので、最初違和感がありましたが、もう慣れました。
 これも、開放的ということなんでしょうね?
 ずれたりするわけではないので、良いと思います。

 
 頭に当たるヘッドパッドの部分、Sakeyは肌が弱くて湿疹が出来やすいので、ダイソーからニットのシマシマ・テーブル脚カバーを買ってきてかぶせ、週に一度洗濯をしています。
 もちょっと、品の良いデザインのに代えたいところです。

 では、また、ウィンドシンセの特訓に戻ります。またね!


スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : ヘッドホン

06:24  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.06 (Sat)

教えて! 開放型ヘッドホン

ATH A900

 おはようございます!
 Sakeyです。

 画像は、Sakeyのヘッドホン。ヘッドホン

 オーディオ・テクニカの、ATH-A900 というものです。
 
 買ってから、2年くらいでしょうか?
 この間、イアパッドのカバーがボロボロになったので、面倒くさがりのSakeyとしては、買い換えも考えたのですが、ここは節約ということで、イアパッドだけ購入して、自分で交換しました。
 割と簡単!
 この機会に、ボロボロになりにくいカバーの、ワンランク上のイアパッドにしたので、ご機嫌です。

 頭に当たる部分のヘッドパッドは、プラスチックに布カバーが付いているのですが、昔から肌が弱く湿疹が出来やすいので、その上からテーブルなんかの脚用のカバー(スポンジも入ってます)をかぶせて、定期的に洗濯しています。
 なかなか、可愛いんじゃないかしら? って、自分では思っています。

 それはそうとして、自分で吹き込んだウィンドシンセの曲を、CUBASEでミックスしていると、やっているうちに、モヤモヤしてくることが、しばしば。
 演奏がヘタなのと、ウィンドシンセの音色が思い通りにならないのが、一番の原因ですが、耳の疲れもあるんじゃないかと思います。

 それで、最近、欲しいかな? と思っているのが、開放型のヘッドホン
 電器店で何度か試聴したことがあるのですが、まさに開放的というか、空気が通って、一歩ナチュラルに近い感じですよね。

 開放型は音が外に漏れるし、外の音も入ってきます。
 Sakeyの家では、隣の部屋で家族がテレビを見ていたり、逆にシーンとしている時 にあんまり音を漏らしたりたりしても・・・なのですが、使える時間も、それなりにあるはず、という気になっています。

 ということで、ウィンドシンセ練習やミックス用に、何かオススメのヘッドホンヘッドホン
をご存じのかた、いらっしゃいましたら、教えていただけませんか?


テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

タグ : ヘッドホン

10:36  |  楽器たち  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。