FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.23 (Fri)

Aerophone(エアロフォン) シンセリードなど残り4つのトーン

こんにちは!
昨夜の忘年会で飲み過ぎて、体調最悪のSakeyです。

エアロフォンで使えそうな音をチェックしてきましたが、これで終わりです。
ということは、これまでの記事で出てこなかったトーンは捨てます。
Sakeyにとって、キモチよくないか、何か欠陥がある(立ち上がりが遅いなど)ためです。

数えてみたら、プリセット55種類のうち、21が残りました。
まあ、いつ気が変わるか分かりませんが・・

今後は、いろんな曲を試しながら、外部エフェクタも使って、音色ライブラリーの完成を目指します。
それ以上に、早くエアロフォンに慣れて、まともに吹けるようになりたいものです。

さて、今日のトーンは、4つ。
まずは定番の、シンセブラス (Synth Brass) と シンセストリングス (Synth Strings)
ストリングスのほうは、ちょっと反応が遅い感じですが、まあ、どっちも、それなりってところじゃないでしょうか?

それから、アップデートで追加になった15音色の中から、シンセリードが2種類。
Saw Lead 2 は、ウネウネ感が、結構いけると思います。
Chunky Lead 1 も、バックに負けないクッキリさがありそうです。

では、サンプル曲は、いつものオーメンと宝島の一部。
相変わらず、つまづきまくりの演奏ですみません。
リンクをクリックすると、曲が始まります。音量にご注意ください。

OMEN & 宝島 (Aerophone, Synth Brass)


OMEN & 宝島 (Aerophone, Synth Strings)


OMEN & 宝島 (Aerophone, Saw Lead 2)


OMEN & 宝島 (Aerophone, Chunky Lead 1)



スポンサーサイト

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : エアロフォン シンセリード T-SQUARE

13:23  |  Aerophone演奏曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.11 (Sun)

Aerophone(エアロフォン) シンセリードの音 3種類

おはようございます! Sakeyです。

ローランドのウィンドシンセ、Aerophone(エアロフォン)のサウンドチェックをしています。
今日は、シンセリード。

音は、Saw(鋸波)、Square(矩形波)、Sine(正弦波)の、伝統的なシンセ音3種類です。
どれも、普通に音が出て、上から下までストレスなく吹けます。
当たり前のようですが、そうでないことが、ウィンドシンセでは多いんです。
新しさや感動はありませんが、こういうもんだと割り切れば、いろんなところで使えそうです。

サンプル曲は、T-SQUAREの OMENS OF LOVE と 宝島
ウィンドシンセをやるからには、スラスラと吹きたいところですが、相変わらずヨレヨレでーす。
どれも、ほんのサワリだけです。

下のリンクをクリックすると、音が出ます。音量にご注意ください。

OMEN&宝島 (Aerophone,..Saw Lead)


OMEN&宝島 (Aerophone, Sqr Lead)


OMEN&宝島 (Aerophone, Sine Lead)



こちらは、宝島の模範演奏です。



テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : エアロフォン シンセリード T-SQUARE

07:03  |  Aerophone演奏曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.05.30 (Sat)

EWI5000 内蔵100音色チェック その12, No.56から59のリードとオルガン

おはようございます。Sakeyです。相変わらず忙しくて、スローペースです。

EWI5000の全音色チェック、今日は12回目です。

Raunchy Leadというのが3種類と、よくわからないオルガンという名前のが一つです。

なかなかキモチいい音が出てこないな~、というのが正直なところですが、順番に進めています。

サンプル曲は、T-SQUAREの定番の3曲(OMENS OF LOVE, TAKARAJIMA, TRUTH)です。
それぞれ、出だしとサビの、ほんのサワリ、数秒ずつです。
いつものように、初心者ゆえの、下手な演奏で、すみません。

一応Sakeyの好きな順番に並べています。
音色名がリンクになっていますので、聴いてやってもいいという方は、音量に注意してクリックしてください。

No.57 Raunchy Lead 1
評価★★★☆☆
ひねりが効いているというか、これが一番面白みがある感じです。しかしなんか、線が細くって、どうでしょうね?

No.56 Raunchy Lead 3
評価★★☆☆☆
上のと似ていますが、こちらは更に引き気味、詰まり気味といったところでしょうか?

No.59 Raunchy Lead 2
評価★★☆☆☆
オルガンを感じさせます。ゆっくりめのロータリースピーカーっぽい持続音が、はまればキモチいいかもしれません。でも、暗い感じで、あまり好きでありません。

No.58 Angry Organ
評価★★☆☆☆
これがどういうオルガンなのかよく分かりません。いずれ、吹いていてスカッとする要素が欲しいものです。

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : EWI5000 T-SQUARE オルガン シンセリード

09:47  |  EWI100音色チェック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.04.12 (Sun)

EWI5000 内蔵100音色チェック その10, No.47から49のシンセリード

 おはようございます。 Sakeyです。

 修行と思って始めた、EWI5000の全100音色チェック。
 ようやく生楽器系を終わり、これからシンセっぽいのに挑戦します。

 曲も、ワンパターンのアメイジング・グレイスを止め、T-SQUAREの定番の3曲にします。
 演奏順に、OMENS OF LOVE, TAKARAJIMA, TRUTHです。
 それぞれ、出だしとサビの、ほんのサワリ、数秒ずつです。

 しかし、悲しいかな、初心者のことゆえ、あちこちモタツイテいます。
 シンセ系は50音色位はあるので、全部チェックが終わることには、きっとスラスラ吹けてることでしょう。
 将来に期待して、お許しください。

 では、本日は、シンセリードの3種類。
 一応Sakeyの好きな順に並べますが、どれも、イマイチかな~

 お笑いのネタに、モタツイタ演奏と、イマイチの音色を聴いてやってもいいという方は、下の音色名がリンクになっていますので、音量に注意してクリックしてください。

No.47 Classical Square
評価★★☆☆☆
ほんの少し、ウネウネしていて、シンセらしさを感じます。しかし、Sakeyとしては、特にキモチいいとは思いません。

No.49 Reece
評価★★☆☆☆
バックに負けない存在感があり、爽やかさも感じます。無難と言えば無難ですが、ただ鳴っているだけという気もします。

No.48 Classical Triangle
評価★★☆☆☆
これこそ、ただ鳴っているだけで、ブザーに近いのですが、それはそれでゲームっぽいのとか、使い道はあるかもしれません。聴感上の音量が小さく、EWI5000本体で、音量レベルを上げようとすると、歪みます。ここでは、パソコンのDAWソフトで調整しました。


追伸: シンセ系に入って感じたのですが、メーカーさんにお願いしたいのは、何を意図してこの音色を作ったのかを教えてほしいということです。
 以前使っていたヤマハさんの場合は、リストブックが1冊付属していて、実際はそれほどの音が出ないにしても、試してみようという気にさせてくれました。
 それに比べて、今回は、ブログラム名が書かれた紙1枚だけ。
 もしネットにそんな情報があるのでしたら、どなたかSakeyに教えていただけないでしょうか・・・

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : EWI5000 シンセリード T-SQUARE

08:09  |  EWI100音色チェック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.27 (Sat)

TRUTHでシンセリードの音くらべ! パート1



 おはようございます!
 Sakeyです。

 きょうの「キモチいい音さがし」は、シンセリード系4音色です。

 ウィンドシンセを持ったからには、ぜひマスターしたい T-SQUARE (上の動画の頃は、The Square) の "TRUTH" のためには、さりうとさんから教えてもらった、"Truth Lead" という音をセットしていました。

 しかし、VA音源は、どうしたって本物のアナログシンセと比べると音が薄いし、なにもわざわざシンセリードをこれで吹かなくても、、、、ということで、それ以外のリード系は、後回しになっていました。

 でも、何か良い音を見落としてないかな? というのと、
 今はシングルボイスですが、いずれ、MOTIF-RACK ESの機能で、音を4個まで重ねるようにする時の部品としては、いろんなモノを知っておいた方がいいかな? と思って、チェックしました。

 今日の音以外にも使えそうなのがありますので、いずれ、モノになったら、パート2を発表してみたいものです。

 今はとりあえずシンセリードで何か吹きたい曲があるわけでないので、今日のサンプル曲は、全部TRUTHです。

 では、順番に。
 どの音も、リンク をクリックするとSakeyの別のサイトのそれぞれのページが開きますので、そこでもう一度クリックすると、TRUTHをイメージしたサンプル曲が始まります。MP3で、1メガよりちょっと少ないくらいになっています。ファイル容量を抑える都合上、いきなり始まりますので、ご注意ください。

1 Truth Lead
 旧音源のVL70-mのリストブックの説明によれば、「ブライトなアナログシンセブラス系の音色です。」 
 何かに似ているかどうかは別として、これでTRUTHを吹くとキモチいいです。演奏のまずさは、横に置いておいて。
 その他、この音については、以前VL70-mで音を作ったときの記事にいろいろと書いていますので、こちらをご覧ください。
アドリブ(フュージョン): Truth Lead

2 Mizu Horn
 リストブックでは、「金管的な要素を持ったシンセリード音色です。」
 リードというよりは、バックの和音に向いてるかなと思って、音量控えめ、リバーブ多めにしています。
 しかし、ウィンドシンセで和音は演奏できないので、重ね録りしなければいけないのが面倒そう・・・・
アドリブ(フュージョン): Mizu Horn

3 Lyric Off
 リストブックでは、「矩形波を使ったようなアナログシンセ風のウィンドシンセに使えるシンセリードの音です。」
 上の動画で、伊東さんが演奏しているリリコン (Lyricon) を想像させますが、音の関連は、ないみたいです。
 かなり細いですが、さらに工夫して、ファンキーな曲で、ウネウネさせたいところです。
アドリブ(フュージョン): Lyric Off

4 50 / 50
 リストブックは、「シンプルな矩形波タイプのシンセリードです。」
 まったくそのとおりで、音は明瞭、立ち上がりやビブラートの乗りも良く、扱いやすいです。
 矩形波は、ゲーム音楽なんかでも良く耳にしますし、これはこれで一つの立派なジャンルでしょうから、これはこのまま使うのかな?
アドリブ(フュージョン): 50 / 50

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : MOTIF-RACK BAND-IN-A-BOX PLG150-VL T-SQUARE FUSION シンセリード

08:44  |  キモチいい音さがし  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。