2017.03.11 (Sat)

エアロフォン バイオリンで "花は咲く"

おはようございます! Sakeyです。

きょうは、6年前に東日本大震災があった日です。
Sakeyも東北に住んでいますが、あの時は怖かったし、被害の様子が分かってくるたびにショックを受けました。
その後、ボランティアや観光支援で被災地に何度も行きましたが、復興に頑張っている皆さんの姿に感動し、励まされもしました。

ということで、いつもはふざけまくりのSakeyですが、きょうは復興への願いを込めて、真面目に吹いてみました。(結果は、あまり変わらないか?・・

曲は、復興支援ソングの「花は咲く」です。
ピアノ辻井伸行さん、バイオリン篠崎史紀さんの演奏がオリジナルです。動画は見つかりません。
復興への応援をお願いします!!




こちらは、NHKで流れていた映像です。


テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : エアロフォン バイオリン J-Pop

07:29  |  Aerophone演奏曲  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.04 (Sat)

エアロフォン チェロで「おくりびと」

おはようございます! Sakeyです。

Rolandのウィンドシンセ、エアロフォンをいじって遊んでいます。
サックスやフルートの音を使いたいのですが、なかなか満足できる音にならず、悪戦苦闘の日々・・・、ストレスが溜まります。

きょうは、息抜きに、チェロの音を使ってみました。
バイオリンもそうですが、弓で弾く音に関しては、ウィンドシンセとの相性が良いのか、何もしなくても、比較的まともな音が出る気がします。
もちろん、本物の妙なる響きとは、比べようもないのですが・・

曲は、映画「おくりびと」で流れる曲、おくりびと -on record- です。
みなさん、映画はご覧になりましたか?
Sakeyは、シアターはもちろん、その後何度もレンタルして鑑賞するたびに、感動しています。
山形県内のロケ地巡りもしました。
なんたって、アカデミー賞ですもんね! まだの方は、ぜひご覧ください。





テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : エアロフォン チェロ 映画音楽

07:15  |  Aerophone演奏曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.17 (Fri)

エアロフォン Qudi(中国の笛)で 「千本桜」

こんばんは!
1週間の仕事から解放されて、ワイングラス🍷片手のSakeyです。
誤字・脱字があったら、ごめんなさい。

きょうは、おなじみ、初音ミクちゃんの「千本桜」に、エアロフォンで挑戦してみました。
そう言えば、Sakeyもボーカロイド・ソフトを持っていることを、すっかり忘れていました。

エアロフォンの音色は、Qudi(中国の笛で、「曲笛」と呼ぶらしい。)
音自体は、全体に耳障りなところもなく「可もなく不可もなく」なのですが、時々、頭にしゃっくりのようなひっくり返る音が勝手に入るのが、最大の特徴です。
「こんなんじゃあ、使えないわーー」と思っていましたが、やっているうちに、しゃっくりを出すコツ、出さないコツが、なんとなく分かってきました。
キメのところで、うまくしゃっくりできれば使えそうです。
ただ、きょうの演奏では、途中エキサイトしすぎて、しゃっくりしまくり部分があります。

中ほどで、Eギターの音が入りますが、もちろん、Sakeyがエアロフォンで演奏したものです。
原曲でも入っているので入れてみましたが、邪魔なだけだったかもしれません。

それから、後半で音が小さくなっている部分は、音はQudiのままで、ボーカロイドっぽい雰囲気を狙ったのですが、ちっともうまくいきません。誰か、教えて!

それにしても、伴奏のピアノ、上手いですね。(楽譜本に付いているカラオケCDです。)
伴奏してくれて、ありがとうございます。




ご存じとは思いますが、こちらが原曲です。


テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : エアロフォン J-Pop Qudi

19:33  |  Aerophone演奏曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.11 (Sat)

バイオリンで「G線上のアリア」・・・CurveEQを試す。 

おはようございます! 
いろんなものを試したくなって、ちっともエアロフォンの練習に身が入らないSakeyです。

きょうは、CUBASE9に入っていた、CurveEQというイコライザーを試してみました。
これは、60までEQポイントを作成できてカーブを描くようにEQできるという優れものですが、もうひとつ面白い機能がありまして、それは、お気に入りの曲の周波数分布を、自分の曲に適用できるというものです。
詳しくは、下のsleepfreaksの動画で解説してくれていますが、これを見て思ったのは、「もしかして、バイオリンの先生の模範演奏と同じ音になるのでは??」

本日の、「G線上のアリア」(バッハ)は、山中美知子さんの「ヴァイオリンのしらべ」のカラオケを使っていますが、この曲集には、先生の模範演奏CDも付いています。
さっそく、先生の周波数分布を取り込んで、Sakeyのエアロフォン演奏に適用してみました。

結果は、下の動画のようになりました。
違いは微妙ですが、たしかに少し近づいたのでは? という気がします。
しかし、演奏のまずさは、どうにもしがたく、周波数の問題ではないということが良くわかります。
特に、この曲はテンポがゆっくりなので、息が苦しくて倒れそうになりながら吹いています。
時間がありましたら、その様子を想像しながら、聴いてみていただければと思います。



sleepfreaksの先生、ありがとうございます。


テーマ : YouTube動画 ジャンル : 音楽

タグ : エアロフォン CUBASE CLASSIC

07:23  |  Aerophone演奏曲  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT